借りられるのは本だけじゃない!進化系ライブラリー(Library=図書館)のエコな取り組み

今回は現在密かにブームとなりつつあるトロント市内のライブラリーで行われている新しい取り組みについてご紹介したいと思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

密かなブームの正体は!?

ちなみにLibraryは図書館(閲覧や貸出用の図書・雑誌・新聞・レコード・CDなどを納めた建物や部屋や施設)という意味で使われますが、今回ご紹介するのは日曜大工用の工具、パーティー用のドレス、キッチン用品、植物の種まで様々なものを借りることが可能な施設です。

– The Sharing Depot
年会費が$25-100(サービス内容に応じてランクがあるそうです)で200種類を超えるアイテムを借りることができます。その他団体が主催するイベントに参加できたりと特典もあります。
そのバラエティーに富んだアイテムはヴィンテージのポップコーンマシーン、子供のおもちゃ、キャンプ用品、バーベキュー用品等、ほとんど新品同様のものも取り揃えているようです。
貸出期間は4〜7日間。超過すると1日$1の料金が加算されます。
※特に要望の多いもの、またはメンテナンスが必要なものに関しては、貸し出し物に応じて別途プラス料金が発生するものがあります。

– Toronto Tool Library
DIY(Do It Yourself=日曜大工)、初心者が全て一から工具を揃えたりするのは大変。ましてや興味を持って始めてみたはいいけど続かなかったなんてことになったら、せっかく揃えた道具も無駄になってしまいます。
またちょっと壊れた物を修理したい時など、小さなものはスクリュードライバーから、大きなものは電装ノコギリまで5000点を超える工具を借りることが可能です。

年会費$50-100とちょっとお高めですが、団体がつながりのある修理業者さんのディスカウントサービスが受けられるなどの特典があります。
貸出期間は7日間で2つあるロケーション(Parkdale Activity Recreation Centre & Danforth and Coxwell)のどちらへも返却が可能です。
※特に要望の多いもの、またはメンテナンスが必要なものに関しては、貸し出し物に応じて別途プラス料金が発生するものがあります。

– Pret-a-Preter
素敵なパーティー用のドレス、その度に購入するのは手痛い出費ですよね。そんな時に利用したいのがこちらのサービス。150種類以上のヴィンテージやデザーナーブランドのドレスやアクセサリーから選べます。年会費は無料ですが、レンタル料がドレス$25〜、アクセサリー$5〜かかります。レンンタル料は元のお値段ベースでなく、クリーニングでお手入れしやすい素材かなどによって決められているようです。
数百ドル、数千ドル出して購入するよりは断然お得ですよね!

– The Kitchen Library
フォンデュセット、パスタメーカー、アイスクリームメーカーなどあったら楽しくて便利だけど、収納に困るし、そんなに使う回数の多くないキッチンツールってありますよね!?そんな時に利用したいのがこちら。自宅でパーティーする際や特別なイベントの時などに利用したいのがこちらのサービス。
会員費は月$9で貸出期間は7日間です。
※$200以上の貸し出し物についてはデポジットとしてクレジットカードを提示する必要があります。

– Toronto Seed Library
図書館の一角に設けられた小さなロッカーにオーガニックの色々な種類のハーブ、お野菜、お花などの種が入っています。現在市内に20ヶ所ほど設けられており、利用は無料。ただし自分で育てた食物から採れた種を返却するというルールがあります。
先日ニュースのトピックで取り上げられていて、この存在を知ったんですが、皆さんんこのルールをきちんと守り、受け継いでいっているのです。ちょっと可愛らしいこのアイディアになんだか心がほっこり温まるような感覚を覚えました。

– Zip Car
ちょっと上記のライブラリーとは違いますが、皆さんは「カーシェアリング」という言葉を聞いたことがありますか?
日本でも数年前から利用者が増え知名度が上がっているように感じますが、元々はアメリカのボストンで始まった一般に登録を行った会員間で特定の自動車を共同使用するサービスないしはシステムのことを指します。レンタカーと違う点は、1時間単位で借りることが可能、借りられる場所が多い、専用駐車場が至る所にある、車両代はもちろんガソリン代や車両保険料も含まれている点です。
年会費は$70(初回のみカードのシンセ料金が$30)かかりますが、車の維持費、保険料、駐車場代等を考えると非常にお得で便利です。

<関連広告>
クレカの準備は大丈夫?「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード」

家計にも優しいのが魅力

お食事やパーティー関係の小物などは、ケータリングの会社などにお願いすれば全て揃えてくれますが、手数料や仲介料などが発生しお値段は跳ね上がります。また各会社によってお値段も違ってくるので、見積もりをしてもらったり、交渉したりするのも大変な時間と苦労を要します。
パーティー用のドレスなども、パーティーの会費プラスで購入するのは結構な痛手。そんな時にヴィンテージやデザーナーブランドが破格で借りられるのは嬉しいです。

<関連広告>
海外旅行はH.I.S.

収納問題や飽き性の方でも安心

お気に入りのものって色々揃えたくなっちゃうんですよね。ところがものは揃えたいけど収納に困る、買ったはいいけどすぐに飽きたらどうしようなどの心配をしなくても良いので安心ですね。

<関連広告>とっても便利!キャッシュパスポート

英単語のおさらい「借りる」、「貸す」の色々

今回は色々なアイテムを”借りる”問いうトピックから、この借りる、貸すという単語についておさらいしてみましょう。日本語だと「借りる」の意味で大体通じますが、英語はかなり多様です。

borrow
borrowは、返すことを前提に一時的に借りる、無料で借りる場合に使用される表現です。普段の生活で特に良く使用されます。
May I borrow your pen? (ペンをお借りしてもよいですか?)

rent
rentは土地、家、機械などを家賃などの賃貸を払って借りる、有料で借りる場合に使用される表現です。
We are renting this apartment.(私たちはこのアパートメントを借りています)

hire
hireは有料で衣類や車、ボートを借りる場合を表現します。一時的や短期間の賃借りを指す場合に用いられます。ブリティッシュイングリッシュです。アメリカンイン切り種の場合は「雇う」という意味で使われます。
I hired a car for moving.(私は引越しのために車を借りました)

use
useはトイレ、電話、車、シャンプーなど動かせないものを持ち帰らず借りることを意味します。
Could I use the washroom / the telephone ?(御手洗/電話をお借りしても良いですか?)

lend
lendは「貸す」ものを一時的に貸して後で返してもらうという意味が含まれます。
The bank lent me to start my business.(事業を始めるために銀行からお金を借りました)

皆さんはこの取り組みに関して、どんな印象をお持ちになりましたか?
個人的には「エコ」、「節約」などの面でとても良いアイディアだと感じました。特に期間限定で住む予定の留学生やワーキングホリデーの皆さんは、借りるだけであればわざわざ購入しなくても良いので、帰国の際に荷物をどうするかの心配をしなくても済みます。こういった取り組みが今後も加速してくれると嬉しいですね。また意外に混同しやすい「借りる」、「貸す」という意味の「borrow」、「rent」、「hire」、「use」、「lend」という単語。これを機会にもう一度おさらいしてみてくださいね!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る