長期休暇を活用した短期留学を成功させるために!知っておきたい短期留学のメリットとデメリット

海外での生活に対しての期待や非現実的感覚から、どうしてもメリットばかりがフォーカスされがちですが、短期留学には意外な盲点もあります。

前回は「長期休暇を利用しての短期留学のススメ」について書きましたが、今回はまだ迷っている方のために、筆者の経験から短期留学のメリットとデメリットを考えてみます。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■短期留学のメリット

◉生活スタイルを大きく変える必要がない。
特に長期休暇を利用した場合は、会社を辞める、学校を休学するなど自分の今までに生活を変える必要がないので、帰国後の心配をしなくて済みます。

◉カスタマイズできる。
がっつり勉強したい、観光もしたい、現地ならではのアクティビティに参加したい、滞在先はシェアハウスが希望等、目的によって内容をカスタマイズできるのも短期留学の魅力です。

海外初心者で不安、下調べが面倒という方は、留学エージェントが用意しているお任せパック(航空券、空港送迎、学校、ホームステイ、アクティビティ等がセットになったコース)がオススメです。

◉限られた時間の中で、集中して学ぶことが出来る。
全員に当てはまるとは限りませんが、長期留学者や移民などにありがちなのが「まだ時間がある」ことに安心し、学習を怠ってしまう方が多いです。

逆に短期留学者の場合は「限られた時間の中でどれだけ吸収して帰れるか」が常に頭のどこかにありますので、集中して学習に取り組む方が多いです。

◉ビザの取得が不要。
北米、ヨーロッパ、オセアニアなどの国に行かれる場合、日本のパスポート保持者はビザの取得が不要(観光ビザでOK)な国が多いので、面倒な手続きがありません。

◉海外の生活様式や文化に触れることができる。
短期でも学校が終わった後、週末などを利用して観光地や郊外まで足を伸ばしてみる、また友人やホストファミリーとの交流などを通して、異文化に触れることができます。

◉帰国後のモチベーションにつながる。
「滞在中すごく充実して楽しめた」、逆に「思い描いていたものと違い打ちのめされた」とその方の元々の性格的なものや体験内容によって、留学後の感じ方は様々です。
どちらに転ぶにしろ、新しい発見や次への課題を考える良い機会になり、モチベーション維持にもつながります。

<関連広告>大学生向け実績No.1海外インターンシッププログラム

■短期留学のデメリット

◉やっと慣れてきたところで帰国
聞き取れなかったことが少しずつ理解できるようになり、つっかえずにスムーズに話せるようになってきたなど、手応えがつかめるようになってきたと感じるギリギリのところで、帰国せざるをえません。
正直なところ、数週間の短期留学では完全な語学習得は不可能です。

◉生活習慣に馴染めないストレス。
慣れない土地や知らない人達。食べ物も違えば、時間にもルーズ。
ましてや言葉が通じない!!「語学を勉強しに来たのにその愚痴!?」と突っ込みたくなった、筆者自身も感じた素直な気持ちです。

◉孤独に打ち勝てず、仲間同士で固まってしまう。
上記にもあるように知らない土地や人。
その中で、同じ言語で気持ちを共有しあえるのはとても心強いです。
しかし、気付いたら周りは日本人だらけで、自分はいったい何しに来たんだろう?となることもしばしばあります。

◉ネイティヴスピーカーとの接触機会が少ない。
もちろん街にはたくさんいます。しかし普通に生活しているだけでは、学校のインストラクター、スーパーやカフェの店員さん、レストランのウエイターさん達のと決まった会話以外、なかなかネイティヴと直接話したりする機会はありません。
自分からある程度積極的に動いて(話しかける、出かける等)ないと、難しいのが現状です。

◉自分の価値観が邪魔をする。
これは経験値によって変わってきます。
社会経験のない若い学生さんに多いのが「生活環境の違いからくるストレスで挫折しそうになる」、ある程度経験も知識もある社会人の方に多いのが「自分は、前は、日本はこうだからと比べてしまい、他の方の意見を素直に受け入れられない」というパターンです。

<関連広告>格安・マンツーマンなのに0円留学

■まとめ

短期留学のメリットとデメリット。
「捉え方によって短所は長所に変わることもある」ということで、筆者の意見とは真逆に感じる方もいるかもしれませんが、今後の留学を考える上での一意見として、参考になれば幸いです。
こちらの点を踏まえて、次回は「短期留学中の限られた時間の中でできること&やるべきこと」を考えてみたいと思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る