留学先の英語訛りを習得すべし!

留学する時に意外に知られていない注意点があります。それは、留学先の「訛り」についてです。
私はイギリスに留学し、約1年間いましたが、そこは訛りがとてもきつく、イギリス南部訛りを日本で習得した私ですら何を言っているかさっぱりわからないほどでした。この経験を活かして、これから留学する人には英語は英語でも、留学先の訛りに耳を馴らしておくことをおススメします。
英会話をしていると、「利き英語」ができるようになりました。例えば、英語を話している人の訛り特徴があるので、それによってフランス人とか、イギリス北部の人、などが当たるようになったのです。しかし、音に自信があった私はそれを自らの口から発するのには時間がかかりました。イギリスの音をよく聞くようにしていたので、学校で習ったアメリカ英語発音からロンドン当たりの英語に切り替えることに成功しました。ただ、イギリスといってもやはり地域によって発音は違うもの。自信があっても何を言っているかわからないのはかなりショックです。
よって、留学先の英語を聞いてマスターしておくことはかなり重要と思われます。本屋さんに言ってCDを飽きるほど聞いたり、海外のドラマを見て音の特徴を捉えるとよいでしょう。

ラムネ 女 24歳

トップへ戻る