日本の食文化を外国人に説明してみよう(天ぷら編)

こんにちは。今回は「天ぷら」について、通訳ガイドの現場から外国人観光客への説明例をいくつか述べていきたいと思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

その①群を抜いてメジャーな日本食であることの念押し

間違いなく寿司と天ぷらは、日本を代表する食べ物の中でも不動のツートップと言えるでしょう。日本に来たなら「ぜひ食べてみたい」、いえ「必ず食すべし!」と多くの外国人旅行客が思っていることでしょう。寿司については、残念ながらどうしても生魚を受け付けない人もいます。しかし、天ぷらならば大丈夫! 火が通っていますから消化不良の心配もなく、シーフード特有の生臭いにおいもしません。
あまたある日本食の中でも、天ぷらは群を抜いてのオススメ度であることをアピールしながら、天ぷらとは日本人にとってどんなものかを説明してあげましょう。

・Tempura is deep-fried dish which is available everywhere in Japan.
(天ぷらは日本国内どこでも食べることのできる揚げ物料理です。)
・If you want to try typical Japanese food, Tempura is definitely the best choice!
(典型的な日本食をお望みなら、天ぷらは最上の選択ですよ!)
・Tempura is quite similar to Western fritter but what is unique to Tempura is, we dip it into sauce.
(天ぷらは西洋のフリッターによく似ていますが、つゆにつけて食べる点が特長的ですね。)
・Tempura can be served both in a casual way and in a sophisticated way.
(天ぷらはカジュアル仕様にもお上品仕様にもなります。)
・When we’re running short of money, Tempura is the saver menu! We simply need some vegetables and cooking oil. But it makes you full because each item is deep-fried.
(お金がないときには天ぷらは節約メニューになります。野菜と食用油さえあればいいんです。でも、油ものですからお腹いっぱいになりますよ。)

業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH

その②サクサクだけじゃない、つゆだくもある!

 さて、天ぷらと言えば揚げたてのサクっとした触感がその代名詞ですね。とはいえ、天丼文化も昔から根強く、海外には天丼のチェーン店も出店しているくらいポピュラーなものです。外国人旅行者がもし自国でなにかしらの天ぷらを食したことがあるのであれば、当然そのときの天ぷらのイメージに引きずられますよね。最初の天ぷら体験が天丼であれば、それがそのまま彼らにとっての天ぷらのイメージです。「おなかがいっぱいになる」ですとか、「カジュアルスタイルだ」なんて感想を抱くでしょうね。
逆のケースで、高級日本食レストランでサクサクの天ぷらを食べたのが初の天ぷら体験だという外国人にとっては、甘辛いつゆにドボドボと浸かった天丼はとても残念に思うかもしれません。見た目からしてすでに別物で、「B級グルメ!?」なんて衝撃を受けることでしょう。あのレストランで出てきた大根おろしと抹茶塩はいずこに…?と思うんじゃないでしょうか。
 そう、どちらも天ぷらであることに変わりありません。食べ方が異なるだけで、どちらもすご~くおいしいのです。もし外国のお知り合いに天ぷらを食べに行きたいと言われたら、ぜひ好みを聞いてあげてくださいね。

・Tendon is more casual way. It usually costs around 1,000 yen while proper style Tempura costs around1,500 yen.
(天丼はカジュアルスタイルです。1,000円ほどで食べられます。一方で、いわゆる「天ぷら」は1,500円ほどします。)
・Tendon is loved by many local Japanese people. Chain restaurants of Tendon are attracting customers for quick meal.
(天丼は多くの日本国民に愛されています。天丼チェーン店はパっと食べられる食事として人気を博しています。)
・Tendon sauce is already poured when served, so it is soggy at a bite.
(料理が提供されるときには天丼につゆがもうかかっているため、食感はびしょっとしています。)
・Some bowl style are totally soggy texture, others are half soggy and half crispy. All depends on how much the Tempura sauce is given.
(天丼スタイルには、完全にびしょっとしたものもあれば、半分びしょっとして半分サクっとしているものもあり、天つゆがどれだけかかっているかによります。)
・Eating Tempura with salt is another way of enjoying Tempura, which is generally thought to be more sophisticated.
(塩でいただくのも天ぷらの食べ方の1つです。どうもそちらのほうがスマートに映るようです。)

海外国内ツアーコンダクター募集!【旅行綜研】

その③何を揚げる?

さあ、お楽しみは「何を天ぷらにして食べるか」です。ざっくり言えば「何でもいい」ということになりますが、やはりエビ天や磯部揚げなどのメジャーなものは外せませんね。まずは基本アイテムを押さえ、そのうえで個別のチャレンジアイテムを食してみるのがよいでしょう。

・Many Japanese people are happy with shrimp Tempura as they’re generally at high price.
(多くの日本人は一般的に高価なエビの天ぷらに喜びます。)
・For healthy choice, you can eat only vegetable Tempura.
(健康のために野菜天ぷらだけをオーダーしてもいいですよ。)
・Eggplant, pumpkin, mushroom, small sweet pepper -Those are typical vegetables to be cooked into Tempura.
(なす、かぼちゃ、しいたけ、ししとう―これらはよく天ぷらにして出される野菜です。)
・Seafood Tempura is also popular in Japan, such as squid, shrimp, and conger eel.
(海の幸の天ぷらも日本で人気があります。イカ、エビ、アナゴなどです。)
・”Kakiage” Tempura is a mixed ingredients of vegetables.
(「かき揚げ」とは野菜がいろいろ入っているものを言います。)
・”Kakiage” is mainly made up of stripped onion, carrot, and burdock.
(「かき揚げ」は主として細切りの玉ねぎ、にんじん、ごぼうから作られています。)

いつでもどこでも、おいしい「天ぷら」にありつける日本は最高です! 少量の具材でも油で揚げることでお腹がいっぱいになるエコ料理である一方、なぜだかあの凛とした佇まい…本当に不思議です。「天ぷら」は高級日本料理コースの一部としても十分役割を果たしますし、ワンコイン天丼のようにカジュアル仕様にもなります。変化自在な姿もまた魅力なのかもしれませんね。さあ、おいしい「天ぷら」を召し上がれ!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る