簡単ではあるもののネイティブらしい表現

GoogleAdManager

難しい言葉を使わなくても中学校で習った単語や文法を用いれば簡単な英会話は可能です。しかしそのような文章は子どもっぽいものとなってしまうことがあります。そこでネイティブが用いる簡単な英語表現を用い、文章を少し大人っぽいものとすることができます。たとえば「元気ですか?」とか「最近どう?」といった意味合いを込めて「How are you?」という言葉をよく用います。しかしネイティブはもっと気軽に元気かどうかを尋ねることがあり、そのようなケースでは「What’s up?」という言葉を使います。
最近日本人にもなじみのある言葉ですが、元気かどうかを尋ねるときにはどうしても「How are you?」と聞いてしまいがちです。しかし「What’s up?」という言葉から会話を切り出せば、ネイティブらしい英会話とすることができます。
その他にも長い間会っていなかった友人に久しぶりに会った場合などは「How have you been doing?」という表現を用いれば「しばらくぶりだけど、これまでの生活はどだった?」という意味合いを含む「元気ですか?」という疑問文になります。このように元気かどうかを尋ねる場合に少し表現を変えるだけでも文章に深い意味合いを持たせることができ、ネイティブが話すような英会話とすることができます。

A.S 40歳男性

トップへ戻る