iPhone 6sよりiPhone SEを選ぶ5つの理由

 アップルが3月31日に発売したiPhoneSEは、これまでのスマートフォン大型化の流れを止めるかのような4インチディスプレイを採用しながら、中身はiPhone6s/6s Plusに近い最新のハードというスペックです。アップルの新製品としてはいつになく静かな反響は、どちらがいいのだろうというユーザーの戸惑いのせいもあるようです。

 今回は英語のイディオムを覚えながら、iPhone SEの魅力をチェックしましょう。(英文は、”Five Reasons to Buy the iPhone SE over the iPhone 6S”  Reviewed.com 2016/3/30付)

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

理由1)iPhone SEは安い

 iPhone SEの価格は6sや6s Plusに比べて安く設定されています。ニューモデルが出るとつい買い換えてしまうアップルユーザーにとっては特に、価格が安いのはうれしいことです。

The worst part of buying a new iPhone is holding your nose and forking over hundreds for a thing Apple will be trying to convince you to replace in 10 months.
 iPhoneを買う時に一番いやなのは、10ヶ月もたてばアップルが新製品への買い替えを勧めるのがわかっているのに、何百ドルも払わざるをえないことだ。

・hold one’s nose:渋々受け入れる
 本来の「鼻をつまむ」の意味でも使いますが、鼻をつまんでいやなニオイを我慢することから、「渋々受け入れる」の意味になります。
(例)He held his nose and agreed with the plan.
  彼はしぶしぶ計画を受け入れた。

・fork over:支払う(これも「渋々」の意味を持つことがあります。)
(例)I had to fork over $100 for overweight bags.
  バッグが重量オーバーだったので100ドル払わなければならなかった。

 最近日本では「ゼロ円販売」がしにくくなったので、今までよりも端末価格が気になります。64GBモデルのSEは64,800円、6sは98,800円、6s Plusは11,0800円と、iPhone SEの低価格ぶりが目立ちます。16GBモデルならもっと安くなりますが、原文の筆者はおすすめしないとのことです。

I will not buy a 16GB iPhone, because, in all likelihood, it will significantly limit the shelf life of my iPhone.
 私なら16ギガバイトモデルは買わない。この容量ではiPhoneがすぐに使いものにならなくなるのがほぼ確実だからだ。

・in all likelihood:ほぼ確実に、十中八九
・shell life:(価値や有効性が)続く期間

 商品を棚(shelf)に並べておける期間ということです。

<関連広告>英会話教材はスピークナチュラル

理由2)最新のすばらしいスペックが手に入る

 iPhone SEは、同じ4インチの5sからどれだけ進化したかというよりも、性能の上では6sとの比較が話題になっています。

Internally speaking, the iPhone SE is more or less the same phone as the iPhone 6s. In terms of raw processing and photographic horsepower, it’s right on par with the newest and best-performing iPhones to date.
 正直なところ、iPhone SEは端末としてはほとんどiPhone 6と変わらない。
データ処理とカメラの性能では、現在最新の最も高性能な機種とまったく同等だ。

・internally speaking:内輪話をすると
・in terms of:〜の点では
・on par with:〜と同等で
(例)The wages of clerks were on a par with those of manual workers.
 事務員の賃金は肉体労働者と同等だった。

 ここで言っている機能は、1200万画素で4K動画撮影が可能なカメラ、最新のA9チップCPU、「Siri」の常時オン機能などを指しています。

<関連広告>英語が話せた!と評判。30日で基礎が身につく噂の英語教材とは?

理由3)バッテリーが長持ちする

 性能はほぼ6sに匹敵すると言われるSEですが、バッテリーの持ちは6sを上回るということです。

Reports suggest that it can stretch its battery life further than the 6s. If true, that’s great news for iOS users who have long struggled with subpar battery life.
 報告されているところによれば、バッテリーが6sより長持ちする。もし本当ならば、バッテリーの持ちが劣っていることに悩むiOSのユーザーにとって大変よい知らせだ。

・battery life:バッテリー駆動時間
 バッテリーの寿命と駆動時間の両方に使います。
・subpar:平均(基準)より下の
 sub-は「下の」を表す接頭辞。subway(地下鉄)、subagent(副代理人)、sub-captain(副キャプテン:vice captainとも)subtitle(副題、字幕)などがあります。
 parはゴルフの「パー」で「等価、標準」のこと。

 これはかなり評価される点だと思いますが、バッテリー自体の性能というより、ディスプレイが小さいので表示に電力を食わないことが主な理由のようです。

<関連広告>今度こそ挫折しない英会話学習!

理由4)使いやすいサイズ

 iPhone SEは手が小さくて最近の大型化を歓迎しなかった女性に喜ばれると、もっぱらの評判です。私は男性ですが、正直言って今使っているiPhone 6が大きさの限界だと思っていましたので、4インチへの回帰は大歓迎です。

It doesn’t matter whether you have small-, medium-, or large-sized hands: Sometimes you just want to be able to reach every corner of your phone’s screen without letting go of the subway handle.
 手が大きいか小さいかに関わらず、時には地下鉄の手すりから手を離さずにディスプレイの端から端まで操作したいと思うこともあるだろう。

・let go of:〜から手を離す
(例)He let go of my arm.
  彼は私の腕から手を離した。

<関連広告>
楽して英会話をマスターする方法を教えます。

理由5)省かれた機能を気にすることはない

You won’t miss the corners Apple cut.
 アップルが省いた機能は気にするほどのものではない。

・cut corners:節約する、むだを省く(「手を抜く」という意味もあります。)
(例)You should never cut corners on safety.
  安全面で手を抜いてはいけない。

 6sにあってSEにないものは、たとえば「3Dタッチ」。これは魅力的ですが対応アプリが増えていません。次に500万画素のフロントカメラ。自撮りにはSEの120万画素で十分です。最後に128GBモデル。ほとんどのユーザーには、64GBを超えるストレージは必要ないでしょう。

 故スティーブ・ジョブスはiPhoneの大画面化に反対していたそうですが、私も手のひらサイズに引かれます。でもゲームをする方は大画面がいいかもしれませんね。あなたはどうですか?
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る