国籍の違う友達を増やそう

留学したての頃、寂しさのあまり
同じ日本人同士と集まる傾向があります。
異国の地で日本語を話せる環境は
心細さを解消してくれますよね。
先輩の日本人留学生に色々教えてもらったり、
ちょっとした生活のコツをアドバイスしてくれたりと
何かと頼れます。だけど、あまりにも居心地が良すぎて
日本人同士で付き合いすぎるのも考えものです。

英語圏に留学したのであれば、
まずは基本は英語での生活が基本です。
留学して生活にも慣れてきたら、
なるべく国籍の違う友達を作るようにしたいところですね。
英会話のスキルも磨けるし、
何より世界中の文化や考え方を知ることが出来ますので、
いい刺激になり、新しい発見をたくさん味わえます。

日本人同士で集まるのは
留学して3ヶ月ぐらいまでで良いと思います。
2年半年間留学した経験で「これはマズイな」と感じた事は、
「何のために留学をしてきたのか分からない日本人」が
たくさんいるという事です。留学中、
いつも日本人とつるんでいて、
普通に日本語で一日を過ごしている人も少なくありません。

留学した目的をはっきりとさせて、
根本を忘れずに前に進んでいかないと、
貴重な時間が無駄になります。
これから留学をお考えの方には
是非忘れて欲しくない大切な部分です。

Shouz 男 30歳

トップへ戻る