留学前に日本の情報を知ることは重要!

ある意味当たり前のことですが、語学学校にしろ、大学にしろ、留学先にいる人は、なにも現地の国の人だけではありません。
自分と同じように英語を学びに、さまざまな国から英語圏の国へと来ているわけです。

ですからこそ、渡航前にやっておくことのひとつには、私は「自分の国のことを説明できるようにしておくこと」ですね。
もちろん「英語で説明できるように、英文を用意しておくこと」もあげたいのですが。

私がイギリスに留学していたときのことなのですが、まず中国人とは漢字も使ってやりとりをすることがありました。
しかし、アホ学生でもあった当時、私は日本の総理大臣の名前を漢字で書くことができませんでした。まあ、英語以前の問題かも知れませんが。

それにフランス人にしても、オランダ人にしても、もちろん現地イギリス人にしても、日本の文化や政治に興味津々ですから、日本人となると積極的に話しかけられます。
その際に、上手に説明することによって、その後のコミュニケーションにも関わってくると思うのですよね。

そこで彼らの心をつかんでおけば、その後もしょっちゅう話しかけてきてくれることでしょう。
しかし、そのときに英語がしどろもどろどころか、日本についてあまり知らないのであっても、「あ、こいつに聞いても日本のこと知ることができないわ」といったような感じでわかりやすく離れていきます。

ですから事前に、日本にいる時にでもしっかりと日本を紹介する英文を用意しておくことが、留学してからのスクールライフにおいても、結構大きな意味を持ってくるでしょう。
(S.E、女性、29歳)

トップへ戻る