あえて厳しい環境に身を置いてみて下さい!

b783d3b5e43750e66408d7022f8799fb_s

オーストラリアのシドニーに語学留学したときのことです。
私にとって留学は初めてのことで、英語だけの生活に不安を抱きながらも、期待いっぱいでシドニーに渡りました。
しかし、まず最初に驚いたのはアジア人の多いことです。
中国人、韓国人を初め、日本人も数多く住んでいました。
白人のネイティブしか住んでいないイメージを持っていた私は果たしてここで英語を学べるのか不安になりました。
日本人と知り合う機会も非常に多く、また日本人用の情報センター等もあるので英語を使わなくても十分に生活して行ける環境なのです。
ここが運命の分かれ道。自分の意思をちゃんと持っている人と、そうではない人の差がはっきり出るところです。
日本人と一緒にいたら確かに楽で楽しいです。
しかし、せっかく語学留学すると決めてオーストラリアに来たのに、日本人と一緒にいたら後から絶対後悔すると思った私は、あえて日本人から離れて英語だけの生活をしよう!と心に決めました。
オーストラリアは英語圏であることには間違いはなく、英語だけで生活することももちろん可能でしたので、学校だけではなく日々の生活からも英会話を習得することが出来、大変充実した日々を送ることが出来ました。
そして、その時に学んだ英会話力は今でも生かすことが出来ているので、あの時の留学は有意義だったと自信を持って言えます。
もし、これから留学を考えている人がいましたら、せっかく留学すると決めたからには、後から後悔しない為にも、自分の意思をしっかり持って、あえて厳しい環境に身を置いてみて下さい。
充実した日々はきっとあなたにとって財産になることでしょう。
Yuri 女性 35歳

トップへ戻る