気持ちを上げることも英語力をアップさせる要素!

GoogleAdManager

オーストラリアへは大学の交換留学プロジェクトにて行きました。
もちろん目的は、英語の上達に変わりはないです。
けれども、イギリスではなくて、オーストラリアを選んだのには理由があります。

その大きなひとつはやっぱり、私にとってはオーストラリアという土地が魅力的だったからです。
オーストラリアはブリスベンに滞在していたのですが、気候も良くて交通の便が良かったので選んで正解だと思いました。

主に英語の上達を目的とした大学の交換留学プロジェクトの行き先は、オーストラリアの他にも、イギリスやアメリカなど、英語を母国語とするいくつかの国が選択肢があったのですが、私は迷わずオーストラリアを選びましたね。

なぜなら、オーストラリアに行ってみたかったからです。
英会話術の向上を目的としているのでしたら、いささか邪な理由のような気がしますけれど、しかしやっぱりまずは「行きたい!」という自分の気持ちを考慮して、行き先を選んで、そしてテンションを上げることが英会話力の向上および、英語力の向上へとつながると判断しました。

実際にオーストラリアへ渡航する前の大学での英会話教室では、気分もあがりまくりでものすごく気合いを入れて勉強ができましたからね。
やっぱり留学先を選ぶのにも勉強にも、気持ちって重要な要素だと思います。

(M.T、女性、30歳)

トップへ戻る