誰もが憧れてしまう理由を紹介しましょう。あなたのカルフォルニアはどこ?

カリフォル二ア_3

「ホテルカリフォルニア(1977)」、「カリフォルニアガール(2010)」。30年経っても、おそらくこれから先だって、アメリカ西海岸を一帯するカリフォルニアは憧れの象徴であり続けることでしょう。陽気な気候と、ブルークリアな海とビーチが人々をそうするのか、その魅力に惹きつけられる人たちは後を絶たないことでしょう。

ゴールデンステイトと呼ばれる、この 州はアメリカ合衆国No.1の人口を誇っています。オレゴン州や、ワシントン州と並び、リベラルな気風があることでも有名となっていて、カリフォルニアに長年暮らしている人も、カリフォルニアを目指してやってくる人たちも、フレンドリーで何かあれば助けてくれるような人が多いように思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

◼︎ サンフランシスコ

カリフォルニア_1
出典:http://thetig.com/insiders-guide-san-francisco/

東海岸にあるニューヨークに対峙して、数えられることが多いのが、サンフランシスコ。経済的な観点でみてみると、ニューヨークがウォール街で知られる金融都市であるならば、サンフランシスコはシリコンバレーが近くにあるテクノロジーシティとなります。

ゴールデンゲートパークや、ゴールデンゲートブリッジ。アメリカの若くも輝かしい歴史を彩るような観光名所が立ち並んでいます。サンフランシスコを一言で言えば、まさにダイバーシティ(多様的)。その訳は、市街地から少し離れたところにあるカストロ地区にあります。この区画は、ゲイやレズビアンなどの同性愛者が多く好んで通っており、誰もが偏見もなく、意見に対して自由な視点を持っています。また、チャイナタウンも発展していることから分かるように、多民族が共存しており。世界中から人たちが集まる場所となっているのです。

<関連広告>格安海外ツアーなら<DeNAトラベル>

◼︎ サンディエゴ

サンディエゴは例え、観光でやってきたとしても、そこは訪れる場所ではなく、暮らすところです。ギラギラと肌を焦がす太陽と、それを受け皿とする澄み渡ったオーシャンが広がっていくビーチが、究極の休暇を手渡してくれます。また、歩いてメキシコから行けるカリフォルニアにおける国境の街としても栄えてきました。

リゾートだけど、リゾートではありません。サンディエゴに来たら、自分から楽しい場所へどんどん動いていかないと勿体ないのです。例えば、有名なトーリーバインズをはじめとするワールドクラスのゴルフコースから、数々のマリンスポーチ、そして、フレッシュな野菜とシーフードを堪能できてしまうファーマーズマーケットまで。誰かと、一度は訪れてみたいところです。

◼︎ ロスアンゼルス

カリフォルニア_2
出典:http://jobs.fmcna.com/article/top-5-reasons-to-relocate-to-los-angeles

エンジェルが、この世で住むと決めた街・ロスアンゼルス。エンターテイメントと一言では言ってしまっても、その言葉の定義が広い分だけ、この街は期待に応えることができるでしょう。そんなロスアンゼルスは広く、有名な区画はたくさんありますが、とても一週間どころでは満喫できないでしょう。

ハリウッドは、言わずと知れた映画のメッカ。ストリートを歩いているだけで、エンターテイナーや、有名人の足跡を見ることができます。ただ、見ておきたいHOLLYHOODのサインだけは、遠くに見えてるだけだったり。ビバリーヒルズは、青春白書のドラマでも知られている、世界的な高級住宅街。歩いているだけで、セレブリティな気分になれるかもしれませんね。それから、若きミーシャバートンを思い出すOCの舞台となったアーバイン、解放感しか生まれてこないくらいなサンタモニカビーチなど、外せるところはありません。

<関連広告>海外格安航空券!365日24時間オンライン予約

◼︎ サンノゼ

シリコンバレー大本命となるのが、このサンノゼ。ハイテク産業の元祖ともいわれているヒューレットパッカードの創業から、あなたのスマートフォンでも強い存在感を放っているであろうGOOGLEやFACEBOOKもこの辺りにあります。

観光として行っておきたいのは、東のハーバードと双肩して、世界最高峰の学位を誇っているスタンフォード大学です。アメリカ史に名を刻むような数々の著名な人物を輩出しています。日本にはない、広大なキャンパスには驚かされることでしょう。

◼︎ オークランド

ベイブリッジと、ゴールデンゲートブリッジは、その土地と土地を結びつけるだけではなく、大きな 関係性を繋ぎ渡すものの象徴として知れ渡っています。そんな2つの橋は、大都市サンフランシスコと、穏やかな街オークランドを繋いでいるのです。オークランドの街並みは、歩いていて、どこかアンティークな香りがしてくるような。新しいものが、古いものを淘汰していくようなテクノロジーの近くだからこそ、大切にされている概念です。

オークランドには、UCバークレーがあります。アメリカを代表する大学の一つであるだけでなく、この一帯は「ザ・学生街」の雰囲気を醸し出されています。それは、学生だけでなく、元学生あるいは、学生を見守ってきた生活している人たちによって伝統されているのです。「ああ、こんなところで学生できたらな。」と、ため息をついてしまわないように注意しましょう。

<関連広告>
YAZIKITAなら海外航空券が、簡単・スピーディーに即時予約できます。

◼︎ サクラメント

サンフランシスコからみて、北東120kmに位置するシティ。その名前の由来は、キリスト教にて神から授かる恩恵を目に見える形に変えてくれる、伝統的な思いが込められています。人気なサンフランシスコ、ロスアンゼルスは、実は州都ではなく、このサクラメントが州都となっています。

正直なところ、サクラメントには特に何があるというわけでもないと言われています。しかし、逆を考えれば、カリフォルニアで「何もない街」というのは、かえって珍しいのではないでしょうか。アメリカでも、きっと暮らしやすい街の一つとして考えられていることでしょう。

◼︎ フレズノ

カリフォル二ア_3
出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Yosemite_National_Park

カリフォルニアの真ん中を守る、644kmにも伸び渡っている遠大なセントラルバレー。そのエリアを代表する都市といえば、フレズノです。人工的な豊かさが作り上げているカリフォルニアのイメージとは、少し異なり、大自然によって魅力を見出しています。

そんな大自然は、ヨセミテ国立公園へと続いていきます。カリフォルニア旅行では外せないのが、ここ。トンネルビューでは、この渓谷を一望することで有名です。叶えたい願い事を思いっきり、叫んでやりたいですね。

◼︎まとめ

サンフランシスコやロスアンゼルスだけではありません。カリフォルニアには、サングラス必須な眩しい太陽に誘われて、陽気な人たちが集まってきます。西海岸はいつまでも憧れであり、進化し続けるのですね。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る