どうやって準備する?留学中の住まい探し

GoogleAdManager

現地の文化を肌で感じながら英語を学ぶ海外留学では、当然現地に住んで英会話を学ぶことになります。
住まいが見つからなければ留学することは不可能ですから、何をおいてもどこに住むのかを決めなくてはいけません。

留学中の住まいを決める方法は、出発前に決めるか出発後に決めるかの二つの法帆があります。
留学エージェントやプログラムを利用しての留学の場合は、出発前にあらかじめ住まいを決めてしまうのが一般的です。
ホームステイ先をあっせんしてもらったり学生寮に住みこんだりと選択肢は色々ですが、プログラムの中に住いさがしも組み込まれているので自分の好きなところを自由に選ぶということはできない場合もあります。
先に住まいを決めらますし仲介者のあっせんなので安心安全な住まいが選べます。

留学後に住いさがしをする場合は、ある程度の労力を覚悟しておきましょう。
現地での物件探しは当然英語ですが、留学したばかりのつたない英語で不動産や巡りをするのは非常に疲れます。
現地についていきなり住まいを探すのは無謀ですから、短期間だけでもホテル等宿泊先を確保しておいてそこを拠点にして物件を探した方が良い物件を見つけられるでしょう。
何の予備知識もないのに住まいを探してしまうと、治安の悪い地域にある物件をそうと知らずに借りてしまう可能性があります。
現地の語学学校のスタッフなどと相談し、安全な地域を選ぶようにしましょう。

トップへ戻る