英語の苦手な私の短期留学

中学で英語を習い始めた頃から、英語が好きな物の、どうしても覚える事ができず、いつしか苦手になってしまっていた私。
海外に興味がありながらも、どうしても英語の苦手さを治す事はできなかったのでした。

そんな私が大学に入り、語学とは全く関係ない学部に入学しながらも、念願だった海外に長期休みを利用し短期留学に行く事になったのでした。
選んだ国はカナダのバンクーバー。
英会話には、まったく自信のなかった私でしたが、なんとかなるだろうと思い、出発したのでした。

そして、初めての海外生活の始まり。
まずは、ホストファミリーとの交流が一番大変でした。
ホームステイの受け入れになれているファミリーでしたが、私のあまりの英語の出来なさに、正直驚いている様子で、お互い辞書を片手に会話をする日々。

私は、本当に良くしてくれるファミリーとどうしても、コミュニケーションを取りたいと思い、人生の中で一番といって良いほど、英語の辞書を引き勉強したのでした。
そのお蔭もあって、しばらくすると、簡単な意思の疎通は行う事ができるようになった私。
本当に嬉しくて、こんな事なら、もっと真剣に日本でも英語の勉強をすればよかったと思ったほどでした。

私は、短期留学を経験したことで、今まで苦手と決めつけ逃げていた英語の勉強を行う事ができ、本当に良かったと思ったのでした。

m  女性 38歳

トップへ戻る