留学して英語・英会話のスキルを磨く

Aerial View Classroom Teacher Teaching Student Learning

学生時代から、学校の授業で英語を勉強していても、なかなかスキルは身につかないものです。
中学校や高等学校の英語教師は日本人のことが多いため、どうしてもネイティブの発音を耳にする機会が少なくなってしまいます。
日本人に教わっているだけでは、英語のスキルは伸びていきません。

英語・英会話のスキルを磨きたい場合は、留学することが大切です。
留学する期間については、短期間でも効果が出るという人もいますが、できるだけ長く海外に滞在するようにしなければなりません。
短期間の留学で得ることのできるスキルには限界があるのです。
半年から1年くらいの期間、英語圏に留学をすることで、耳が英語に慣れてきます。

学校で勉強している英語というのは、文法事項を覚えることが中心となっていて、あまり楽しいと感じることがありません。
しかし、留学してネイティブの人々と接するようになると、文法よりもコミュニケーションが重要だということに気づかされます。
英会話というのは、文法が多少間違っていたとしても、相手に言いたいことを伝えようと努力していれば、ある程度は伝わるものです。
自分の言いたいことが伝わり、相手の言葉が少しでも理解できるようになると、英語が楽しいものへと変わっていきます。

留学によって得られるものは、英語・英会話のスキルばかりではありません。
さまざまな文化の人と意思疎通を図ることが可能になり、人間としても大きく成長することができるのです。

トップへ戻る