目的意識をもった留学を

留学を考えるときには、まず第一になんのために留学するのかが一番重要です。
一番のもくてきは、語学留学というひとが多いですが、単に留学さえすれば英語がしゃべれるということもないのが実感です。

とくに、日本人が語学留学で海外に行く地域は決まっています。
もちろん治安の問題もありますが、やはり生活環境などを考えると、みんな同じような地域で同じようなスクールに通うことになります。
そうすると、一種の日本人街のような感じになってしまって、飛躍的に語学が向上できるとも限らないのです。

いちばん好ましいのは、海外の大学の学部を受けるくらいの明確な目的があっての留学だと思います。
留学先でも日本人のともだちと遊んでいるようなことになってしまうと、日本で語学スクールに通うのとあまり変わらない環境になってしまうので、目的をしっかり持って留学するのが留学費を無駄にしないためにも大事だと実感しました。

実際、英会話の上達のために留学しても、日常会話程度の英会話しか習得できなかったという友達も多いです。
楽しく海外で生活するだけで十分なら良いですが、せっかくわざわざ留学するのであればどっぷり英語につかるためにもすこし自分に厳し目にプランを立てたほうが良いかもしれません。

トップへ戻る