借金してでも留学しろ!?

GoogleAdManager

私が行ったアメリカの大学は留学生の数はそこまで多くありませんでした。
アジア人留学生が多く、感じたのはお金の格差!!
いや、本当に半端なかったです。
特にすごかったのが、中国からの留学生。無駄遣い(私から見たらですが)はするわ、高級車をさらっと買うわでもう、「ザ幹部の息子・娘」と言う感じでした。

でも、話すと全然悪い子でも何でもないんです。ただ、お金の価値観が違うだけで….。

普通に日本に住んでたら絶対友達になることも、むしろ出会うことも無かった子達だったと思います。

今振り返ると、日本人が一番留学生でお金持ってなかったな~と思います。
私は奨学金借りて行きましたし、同時期にいた先輩もそうでした。私は今でも毎月ちゃんと支払っています。

でも留学は借金してでも(もちろん自分で返せる範囲で!) 経験することをお勧めしたいです。辛いことや悲しいことがなかったわけではありません。もう苦しくて日本に帰りたいと思ったこともあります。でも今となっては人生で1番か2番を争うくらい大切な経験の一つとなりました。

留学に反対していた両親も、今では「留学してよかったね」と言ってくれます。一生けん命取り組んだ事は今の自分を築き、自信に繋がっています。

もし留学を考えていて、迷っている方がいたら是非挑戦して欲しいと思います。
(…もちろん半端な覚悟ではなく強い気持ちで出来るなら…です!)

S.K. (女・28歳)

トップへ戻る