留学前にしておくべきこと

GoogleAdManager

グローバル化が目指されており、英語力が重要視される現代、留学を希望している方も多いかと思います。しかし、ただ海外に行っただけでは意味がありません。そこでせっかくの留学をより充実させるために、留学前にしておくことを挙げていきます。
まず、英語の文法を基礎から復習することが非常に大切です。これは当たり前だと思われる方も多いでしょう。しかし実際に出来ていない人がいるのも事実なのです。「留学に行ってから語学学校で文法は勉強すればいい」と考えていた方は、実際に留学先にかなりの数いました。しかしこれは非効率的な英語学習です。留学先で英語の基礎文法を学び直すのは時間の無駄です。留学期間は限られていますから、留学先でしか学べないことに時間をかけたほうが得策なのは明白でしょう。日本にいるうちに、しっかりと基礎文法は頭に入れていけば、留学先で新たに学ぶことも多いということを覚えておいてください。
また、具体的な目標を掲げることも大切です。ポイントは「具体的」というところなので、なんとなく「英語が上手く話せるようになる」とか「外国人の友達をたくさん作る」とかではまだ不十分です。最終ゴールを決める前に、「一日に3人以上の初対面の人と話す」や「授業後に学校で毎日1時間勉強して帰る」等、小さな目標から定めていきましょう。これは留学中の自分を具体的にイメージし、留学へのモチベーションを上げることにもつながります。
短期留学でも、長期留学でも、日本で出来ることは留学前にしていくようにすれば、充実した留学生活が送れるはずです。
(とま・女・22歳)

トップへ戻る