日常で使える英語習得のために

英語学習をするうえで最も重要だと感じるのが日常で使える英語の習得なのか、それとも受験、就職などで必要なのかという、しっかりとした意識や目標です。受験や就職で必要な英語であるならば、義務教育上の英語で十分でしょう。なぜなら、どちらも得点を取るためだけの言わばクイズもしくはゲーム感覚の英語だからです。日常で一切使わないような難解な単語、妙にかしこまった文法、口語体なのか、文語体なのかもはっきりせず、使う場面が非常に限られた英語なのです。
日本人の英語下手というのを、あくまでも個人的な尺度で考えてみました。例えば日本語で考えてみると、「あー明日晴れたらいいのになあ」という至って日常的な文言を、「今、私は明日晴れたらいいのになあと思っているところです。」なんてまどろっこしい言い方をしているのが日本人の英語です。日本人の英語というのはこれくらい不自然な英語になっているような気がしてなりません。
それに加え、圧倒的な発音の不器用さがあります。日本人の発音の基本である、”あいうえお、かきくけこ、・・・”。これをそのままスペルの発音に用いているのですから、まともな発音ができるはずもありません。あと日本語と英語のリズムは全く違いますから、これらの事を踏まえたうえで英語学習に取り組む必要があると思います。

トップへ戻る