英語は日本語を忘れてから習得すべし!

英語のしくみがなかなか良く分からないという人へ、1つアドバイスがあります。結論から言えば、「日本語を忘れろ」です。私は仕事柄人に英語を教えているのですが、英語を日本語訳に直す時、またその逆でそれができない人がいます。原因は、英語の単語ひとつひとつを日本語で綺麗なイコールで結びつけてしまっているからだと分析します。
例えば、意見を聞かせてくださいませんか。という文章を訳しなさいという時、Would you mind teaching us your opinion? とする人がいます。teach=教える、とイコールで結びつけ、これ以外のニュアンス的部分がわからないと、teachという単語は長い間人に教え込むという意味が取れません。これがわかっていれば、意見というのはそんな長い時間をかけて言うわけではありませんから、この単語はopinionとは結びつかないということがわかります。
もともと英語はゲルマン言語で、日本語訳でぴったり当てはめることなんてできないのです。だから、訳にこだわっていてはいつまで経っても英語なんて習得できないと私は感じています。特に瞬発力が問われる英会話については。語学は日本語訳を飛び越え、もっとイメージ的に捉えた方がずっと習得しやすいと思います。

UO,女、25歳

トップへ戻る