英語を学ぶことで叶えられた夢

私が小学生の頃から海外に大きな憧れを持っていました。
将来は航空機内で働く客室乗務員になりたいという夢を持っていました。

大学生になり、英語の勉強を専門的にできる学部に入学することができたので、英語の勉強を続けました。
留学することを目標に様々な人や先生に話を聞いて留学の準備を進めました。

大学3年生になって1年間カナダへ留学するという夢を一つ叶えることができました。
カナダでの生活はとても充実したもので、英会話習得はもちろんのこと、文化や言葉が違う同年代の友達がたくさんできたことで、自分の視野も大きく広がりました。

帰国後、今度は本格的に客室乗務員になるための準備を始めました。実は客室乗務員になりたいと思っていても、英会話に関して自信のない方が多く、夢を諦める人が多いということもその時に初めて知りました。私は英語ネイティブではありませんでしたが諦めませんでした。

そしてついに、外資系航空会社より、客室乗務員の内定をもらうことができました。
本当に諦めなくてよかったと思います。

実際に国際線で英語しか話すことができない外国人と一緒に働くことは思っていたよりも大変で、英語の勉強はその後続ける必要がありました。しかし、続ければ続けるほど多くのお客様や同僚と分かり合えることが増え、本当に英語学習をやめることなく続けてよかったと思います。

F.A 女性 32歳

トップへ戻る