留学生から地元の良さを聞くことがある

fireworks

日本に来ているアメリカ人留学生から、地元の良さを聞いて、いずれは行ってみたいなと思いました。
写真をみるかぎりでは、きれいな建物が建っていて、洋風そのものです。
それから大家族で暮らしているらしく、兄弟、姉妹と何人もいるようです。

これまで何人かアメリカ人留学生と話していますが、日本語は英語より難しいといいます。
でも、日本人からみれば英語のほうが難しいはずです。
日本語では、わたしは、いつ、どこへ、いった、というふうに話しますが、英語では、わたしは、いった、どこへ、いつというふうに語順が前後するためです。

日本語の話されているエリアは世界的にみれば少なく、日本だけで他で使われません。
英語は、国を移っても使われているという便利なところがあると思います。
日本ではむしろ英語圏の外国人は日本語を学ばなくても、誰かが英語を話せて対応可能な国です。
英会話をすることが少ないものの、片言では話せるでしょう。

英語を話せるような国でありつつも、実際に英語はほとんど話すことがないといえます。
むしろ就職のときに有利になる英語が一般的です。
だから、ある程度みんな知っていて、POWERといって意味がわからないということはあまりないと思います。

トップへ戻る