【英語記事】17歳の少女の夢は、宇宙飛行士になって火星へ行くこと

誰もが一度は夢見たことがある宇宙飛行士。多くの方は途中でその夢を変えてしまいますが、世界にはいつまでもその夢を追いかけ続ける人々が少なからずいます。17歳の少女アリッサさんもその一人。彼女は火星に降りることを夢見て、NASAとプロジェクトを進めるまでになりました。今回はアリッサさんに関する英語記事で英語学習をしましょう。全文・オリジナル記事はこちらから。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

幼き日に抱いた宇宙飛行士となる夢は膨らむばかり

There aren't many people who can claim the dreams they had in early childhood shaped the course of their entire life.  
子どもの頃に抱いていた夢をいつまでも持ち続けている人は少ない。

But for one American teenager, Alyssa Carson, seeing images of spacefaring cartoon characters on television prompted a lifelong obsession.
しかし、このアメリカ人の10代の少女アリッサ・カーソンは、小さなころにテレビで見た宇宙飛行のアニメに人生を変えるほど夢中になった。

Aged three years-old, she told her father 'Daddy, I want to be an astronaut, and be one of the people that go to Mars'.
3歳の頃、アリッサは父親にこう言ったそうだ「パパ、宇宙飛行士になって火星に行ってみたい」。

Since then, she has made it her life's work to make her childhood dream a reality. 
それ以来、彼女は子供の頃の夢を現実に変えるために、一生懸命努力をし続けてきた。

In the year 2033 – when Mr Carson will be 32 – she plans to soar off to the red planet, where she will help a Martian colony thrive.
来る2033年、カーソンさんが32歳になったとき、コロニー繁栄のために赤い惑星へ旅立つことを計画している。

【単語解説】
claim – 断言する
early childhood – 幼少期
shape – 形成する
teenager – 10代の
spacecrafting – 宇宙飛行
lifelong – 一生の
obsession – 夢中になるもの
astronaut – 宇宙飛行士
Mars – 火星
since then – それ以来
colony – コロニー
thrive – 繁栄

17歳のアリッサさんは、子どもの頃に見たアニメの影響で宇宙飛行士になることを夢見ます。彼女はその夢を諦めるどころか、夢をかなえるために必死に努力をしてきたのです。そして、現在は2033年に火星に行くことを目標にしています。この継続力はすごいですね。

<関連広告>ラングリッチで英語のある生活
すぐに試せる無料体験レッスン×2回

他の目標も考えたけど、いつも戻るのは宇宙飛行士

The 17-year-old girl, from Hammond, Louisiana, has been obsessed with space from the moment she watched the cartoon The Backyardigans, in which five animal friends go on imaginary adventures in their backyard, including a mission to Mars.
ルイジアナ州に住む17歳の少女は、5匹の動物が想像上の冒険(火星への任務を含む)を楽しむアニメ「The Backyardigans」を見た瞬間から、宇宙の虜となった。

This plotline became the birth of a lifelong quest to realise her dream.
このプロットラインは彼女の夢を現実にする生涯の探求の始まりとなった。

Ms Carson spreads her message to her hundreds of thousands of followers across her various social media accounts and blog.
カーソンさんはブログやソーシャルメディアを通して、数百万人のフォロワーにメッセージを届けた。

【単語解説】
imaginary – 想像上の
backyard – 裏庭
quest – 探索
various – 様々な

She also attends seminars and other public speaking events to address her peers and encourages other youngsters - particularly women - to get involved in science, technology, engineering and maths. 
彼女はまたセミナーや講演会などに出席し、彼女の若い仲間たちを勇気づけた。特に科学やテクノロジー、エンジニアリング、数学などに携わる女性たちを応援した。

Speaking to Teen Vogue, she said: 'I did the same thing as other kids, like switching my mind about careers, wanting to be a teacher or the president one day.  
Teen Vogueのインタビューで、彼女はこう語っている。「私は他の子供たちと同じことをしました。例えば、キャリアプランを変更したり、いつか先生もしくは大統領になることを夢見たり」

'But the way I always thought about it was I would become an astronaut, go to Mars, come back, and then be a teacher or the president.'  
「でも、将来のことを考えるといつも宇宙飛行士になって火星へ行く、という結論に落ち着くんです。その後に、先生か大統領になろうって」

【単語解説】
attend – 出席する
peer – 仲間
youngster – 若者
switch – 切り替える
one day – いつか

アリッサさんは非常に影響力のある10代です。彼女の活動は同年代の若者はもちろん、世代を問わず多くの人々に勇気を与えています。他の夢も考えたことがあるそうですが、やっぱり宇宙飛行士に戻るのはすごいですよね。

<関連広告>オンライン英会話【エイゴックス】

2033年に火星へ降り立つために

While Nasa doesn't officially accept applications to become an astronaut until a person is 18, the agency is purportedly working with Ms Carson to realise her ambitions.
Nasaは18歳になるまで宇宙飛行士になるための申請は受け付けていないが、おそらくすでにカーソンさんと彼女の夢を現実にするために働いているだろう。

As part of its long term plans for the red planet, Nasa has previously spoken of sending US astronauts into orbit by 2033 and onto the planet's surface by 2039.  
赤い惑星への長期計画のため、Nasaは2033年までにアメリカ合衆国の宇宙飛行士を軌道に送り、2039年までに火星に足を踏み入れると話している。

【単語解説】
officially – 公式に
application – 応募、申請
purportedly – おそらく
orbit – 軌道
surface – 表面

The mission will include growing food, conducting science experiments and looking for signs of life.
火星でのミッションは食物を育てたり、科学研究を行ったり、生物探索をしたりと様々だ。

Over the years, Ms Carson has undertaken as much training as possible to prepare her for her eventual journey. 
数年間にわたって、カーソンさんは来る旅へ向けたトレーニングを可能な限り行っている。

Her dad enrolled her in the United States Space Camp in 2008, which she has attended several times since.
カーソンさんは2008年からアメリカ合衆国スペース・キャンプに入学し、そこで準備を行っている。

【単語解説】
conduct – 行う
sign – 兆候

NASAの計画通りいけば、2033年に人類は火星の軌道へ到達するようです。その時に、アリッサさんがメンバーに含まれていることを願うばかりですね。

<関連広告>Bizmates

まとめ

アリッサさんはSNSを使って、夢に励む姿を世界中にシェアしています。彼女のインスタグラムはこちらから見れるので、フォローしてみるのもいいですね。英語学習にもピッタリであれば、彼女から大きな勇気やパワーを貰えるはずですよ。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る