環境が変わると風邪も引く

GoogleAdManager

私は留学先で酷い風邪を引いてしまったことがあります。病院へ行ったら保険って効くんだっけ、薬は日本人の私の身体に合うのかな、英語でどうやって症状を伝えよう、こんな思いが頭の中をめぐりました。
私の症状は主に喉で、バカは風邪と引かないのに珍しく9月に引きました。そして、今まで経験したことのない声が出ないというくらい喉が悪化したのです。寝て起きたら、現地は寒いのに汗をかいていますが、体温計を持っていなかったので熱があったかどうかはわかりません。そこまでだるくはなかったのでもしかしたら喉だけやられたのかもしれませんね。
そう思った私は、ただ声が出ないだけなので大学にも普通に通いました。困ったのは語学の授業で、当てられた時に息だけ出してものすごく小さな音で先生に答えを言ったことを覚えています。早く治したいけど病院へ行くほどではないと判断し、薬局で薬用のど飴を買ってずっとなめていました。
全然治らないある時、日本人の子に、「中国人の子が日本人が好きだから、パーティをしたいって言ってるんだけど来て!」と、声が出ないのに強引に誘われました。仕方なく行ったのですが、なんと中国茶を飲んでいるまさにその時声が出るようになりました(笑)たまたまかと思いますが、あの時の盛り上がりは忘れられません。

MN、女、26歳

トップへ戻る