留学までの手続きってどんな感じ?

大学に入って留学をしたいけれど、それって誰でもできるの?という問いが多いです。それは大学によってシステムが違うでしょうけれど、一般的に言って交換留学なら可能性は高いと思います。
交換留学とは、学校が海外の大学と提携を結んでおり、双方の大学で留学生が学ぶ際に学費がかからないのが多いシステムです。応募したらそこから先はどうなるのかを少し説明していきます。
私の場合はまず、提携校で勉強するにおいて十分な英語能力があるかどうかをはかるテスト、TOEFLまたはIELTSを受け、基準を満たしたら一歩前進という形でした。学校により基準は違うため、学力の高い学校ほど高い基準が設けられています。
その後は、学校独自での面接がありました。私が聞かれたのは全て当時の時事問題で、円高の説明や政治ことについてでした。政治なんて興味のカケラもなかったのですが、あなたの英語力を知りたいと言われ、なんだ内容じゃないのかと思い、安心して話したら合格しました。
留学するよりする前の準備の方が大変だったかもしれません。ビザを取得するために東京か大阪に行く必要がありましたし、事務手続きが難しいですね。疑問点があれば、すぐに大学の留学支援センターを訪ねましょう。

IO、女、24歳

トップへ戻る