シングリッシュはわかりづらい

英語を勉強するために選んだ場所は、人とはちょっと異なる場所で、シンガポールでした。
ここを選んだ理由は、その前にスペイン語留学をスペインでしていて、ヨーロッパは自分には合わないと思ったのと、日本に近い方がいいと思ったので、アジアの英語圏と言えばシンガポールということでシンガポールに英語留学をすることになりました。

しかし、このシンガポールは、公用語が4つあり、1つは英語、2つ目はマンダリン、他はタミル語とマレーシア語になります。
とはいえ、英語はみんな話せるものですから、みんなの共通語は英会話でとすることになります。
ただ、この英会話、俗に言うシングリッシュ、シンガポール版の英語ということで、特徴があります。
それは、とにかく中国語なまりが強いことです。

ですから、たまに中国語の音が入って何を言っているのか分からない時があれば、発音も他の国のネイティブとはかなり異なり、とにかく英語を聞き取りづらいという特徴があります。
さらに、基本的にはシンガポールの人は早口で、2度聞き返したら「もういい」と言われてしまうので、英語で話していても、そのうち勝手に会話を終わらせられてしまうという事もあり、何だか勉強ができたのかできていないのか分からない英語留学となりました。

(RH 女性 33)

トップへ戻る