留学前に知っておきたい!カルチャーショックの症状と対処法

GoogleAdManager

国が違えば文化も異なります。

外国で生活をはじめると、最初は驚きやワクワクの連続でストレスを感じる余裕さえありませんが、時間の経過とともに生活が落ちついてくると、文化の違いに対するストレスが原因で、体調を崩したりメンタル面に不調をきたしたりすることがあります。

ですが、カルチャーショックは誰にでも起こりうる自然な反応であり、異文化に適応するためのプロセスの一部とも言えます。

あらかじめカルチャーショックで起こりうる症状と対処法や具体的な異文化適応プロセスを知っておけば、実際にカルチャーショックに直面することがあってもその国の文化に適応しやすくなると思いますので、簡単にご紹介したいと思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

 

【具体的な症状】

カルチャーショックには決まった症状がなく、大小様々です。

例えば、孤独を感じたり、ホームシックになってしまったり、引きこもってしまったり、学業が行き詰まってしまったりと症状は幅広くみられます。

【異文化適応プロセス】

カルチャーショックを含む異文化適応のプロセスには4つの段階があります。

  • ハネムーン期(Honey moon Phase)
  • 闘争期(Negotiation Phase)
  • 順応期(Adjust Phase)
  • 統合期(Integration Phase)

  • ハネムーン期(Honey moon Phase)

言葉の通り、蜜のように甘美に満ちてとても楽しい時期ですが、月のようにすぐに欠けてしまいます。

時差ボケや初対面の人との交流などの緊張感と戦いながら忙しくしているので、あまり母国を恋しく思う気持ちを感じずに過ごせる時期です。

  • 闘争期(Negotiation Phase)

異文化交流が煩わしく、いろいろな物事に違和感やストレスを覚える時期です。

些細な事にもイライラすることもありますが、これも異文化適応のためのプロセスの一部なのだと割り切ってしまうことで、ある程度心の余裕を保てるかもしれません。

  • 順応期(Adjust Phase)

時間とともに新しい環境にも慣れてきて、前まで抱いていた異文化への違和感を抱く回数が減ってくる時期です。

闘争期のような気持ちに戻ってしまうこともありますが、徐々に精神的に余裕が出てきます。

  • 統合期(Integration Phase)

新しい文化に馴染み、その文化の中でストレスを感じることなく生活できるようになる時期です。
この時期までくると、学校や友人などの外的環境が自分のものだと感じられるようになり、逆に周囲からも自分が受け入れられていると感じられるようになります。
多くの人がこのようなプロセスを辿るそうです。

では、こうしたカルチャーショックを軽減するためには事前に何をすれば良いのでしょうか。

また症状があらわれてしまった時にはどのように対応したらよいのでしょうか。

対処法を以下にまとめましたので、参考にしてください。

【留学前にできる対処法】

  • カルチャーショックは誰もが体験することだと自覚しておきましょう。

そうすることでいざカルチャーショックが起きてもパニックになることなく、自分を受け入れやすくなります。

  • 留学先の人の国民性、文化を勉強しておきましょう。

日本と同じ価値観だと思っていると、実際に接した時のギャップが大きく、その分ショックも強く感じてしまいます。

  • 英語練習クラスなどがあれば積極的に活用し、留学する前に英語での会話への抵抗を減らしておきましょう。

以上が、外国に飛び立つ前にできる対処法です。それぞれに共通して言えることは、自分から他の文化に歩み寄るという点です。留学に行くと、日本で出来ていたようなことがプレッシャー等で出来なくなってしまうこともあります。
ですので、日本である程度の知識をつけて行くことが望ましいでしょう。

【症状が表れた時の対処法】

  • 受け入れられない文化は無理に受け入れるのではなく、時には受け流すなど適度に割り切ってしまいましょう。
  • ひとりで引きこもらないようにしましょう。
  • 人との会話が無くなると、より孤独を感じてしまいます。学校のカウンセラーや留学経験者に相談し、不満や疑問をぶつけてみましょう。これがストレスのはけ口となり、症状も緩和されることがあります。
  • 規則正しい生活を心がけましょう。
  • 運動・睡眠・食事はとても大切です。偏食や運動不足、睡眠不足はストレスの元となるので、精神面の疲労を防ぐために健康的に生活しましょう。 
  • カルチャーショックを感じたらその時の気持ちをメモしてみましょう。
  • 自分の気持ちを客観的に見ることで心を落ち着けることができます。多くの場合、カルチャーショックは時間が経つにつれて消えていきます。

誰もが経験することなので、心配せずにゆっくり文化に馴染んでいきましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

トップへ戻る