アメリカで言って良い事悪いことって?3つのタブー!

アメリカに住んでしばらくたったころ、主人に、アメリカに住むにあたって、3つの言ってはいけないことがあると言われました。

アメリカの学校では必ず始めに教わることだそうです。

今回は「アメリカに住むにあたって、3つの言ってはいけないこと」をご紹介します。

文化の違いをとても感じることで、英語を話すときにいつも心にとめていることなので、これから留学やビジネスでアメリカに住もうとお考えの方は参考にしていただければと思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■その1:宗教(Religion)

america+de+itteiikoto+waruikoto02

アメリカは多人種国家ですので、それぞれがそれぞれの宗教を信仰しています。
そのことについて、触れてはいけないし、何か思ったとしても、意見を言ってはいけません。
もちろん、勧誘もありません。

私はチャーチの英会話教室(ESL)に通っていますが、いまだかつて、一度も勧誘されたことはありません!

私の友人にイスラム教徒の方がいて、時間になると突然、イスラムの方向に向かって祈り始めました。

でもそれについて、何か聞いてもいけないのです。
はじめは驚きましたが、今は慣れてしまいました!

祈りが始まると、「あ、祈りの時間なのね」と、終わるのを黙って待っています。

<関連広告>大学生向け実績No.1海外インターンシッププログラム

■その2:人種(Race)

america+de+itteiikoto+waruikoto03

これも宗教と同じで、ありとあらゆる国の移民からなるアメリカならではのことです。
A melting pot of many races(多人種のるつぼ)という言葉があります。
The California is a melting pot. (カリフォルニアは多人種の州だ)
などとよく使います。

もちろん、差別(Discrimination)などにかかわる話なので、学校などでも決して肌や髪の毛、目の色などのことをあげてはいけないのです。

仮に、そういう人がいた場合、その人の常識や家庭環境を疑われてしまうので、アメリカではタブーとされています。

<関連広告>アメリカ・カナダ・オーストラリア等18ヶ国の留学費用・資料を一括取り寄せ!

■その3:体形(Figure)

日本の方は、よく、痩せた/太ったなどと話しますが、アメリカでは、体のことに関することもタブーです。

私も、アメリカに来た当初は、よくアメリカ人の友人に
Did you lose your weight?
(痩せた?)
とか
Did you gain your weight?
(太った?)
など、普通に聞いていたりしたのですが、あるとき友人に
Why do you always ask me about my figure?
(どうしていつも、私の体形のことを聞くの?)
と、若干怒られ気味に言われました。

あとで主人に、言ってはいけないことだときいて、彼女には謝りましたが、見かけや他の人の目を気にしないアメリカ人の発想だと思いました。

太っていようが、痩せていようが、自由!
それがアメリカなのです。

そして、そんなことを気にしていた自分を少し恥じました。

<関連広告>格安航空券を探すなら【Skypicker】

■それ以外にも・・・

例えば服装です。

私がまだ日本に住んでいるときのお話です。
アメリカ人の主人と、都内の某有名高級地区を歩いていた時のこと。
通りすがる人が私たちに注目していました。
というのも、主人が、上下ジャージ、しかも真冬なのにサンダルだったのです。

私は慣れていたし、彼の格好に無頓着だったので、気にしていなかったのですが、なぜこんな真冬に、しかもこの地区にあんな格好で?という冷たい目線がありました。

アメリカには、いろんな方々がいて、真冬に裸で走っている人もいれば、真夏にコートとブーツの人もいます。

でも、誰も何も干渉しません。
それがその人のポリシーで、その人の自由なのですから。
そんな考えが私は今、とても好きでもあるのです。

食事に関してもしかりです。
レストランなどで、いろんな食べ方を見ることもあります。
私たち、アジアの人たちはお箸を使い、インドの人たちは手を使います。

また、お弁当でも、ある子はピーナッツバターサンドとリンゴ。
ある子はクラッカーにチーズ。
ある子はおにぎり。
ある子はてぶらで、何も食べない。
それも人それぞれ、自由なのです。
誰もそのことについて触れません。

<関連広告> 英語・英会話の上達を目指すなら【ロゼッタストーン】

■「自由」と「郷に入っては郷に従え」

アメリカに来て、本当に実感した言葉です。

良い意味で、あまり周りを気にしなくなり、アメリカ生活を楽しむようになりました。

世界にはいろんな人がいて、いろんな考えがあり、それをうまく調節、調和して生活することが大切なんだなと思いました。
人を否定せず、受け入れるアメリカならではの考え方ですね。

The statue of Liberty(自由の女神)があるのもうなずけます!

「アメリカで言ってよいこと/悪いこと」。留学やビジネスでアメリカに来られるチャンスがある方は、ぜひ参考にしてください!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る