世界の朝食がずらり!ドイツは朝からビールを飲むことも!?

あなたは朝食を食べる派?それとも、食べない派?たしかに、朝起きてすぐは食欲もそんなに湧かないものですし、ガツガツ食べれるほどの元気なんてないものです。しかし、朝に食事を取らなければ、エネルギー補給ができず、体に栄養も回らず、勉強や仕事に集中することができなくなってしまうかもしれません。もちろん、逆に食事を取ってしまったあとは、眠くなってしまうため、集中できないなんていう意見もあったりするものですね。

いろいろと朝食に関する賛否両論はあるものですが、朝食を食べるためにはそれだけ早く起きなければならないので、早寝早起きする人には欠かせないもので、やっぱり食べた方がいいんじゃないかなと思ったりはするものですね。例えば、アメリカに行くと、朝からフィットネスへ行ったり、カフェでおしゃべりをしているなど、とにかく朝から活発な人が圧倒的に多く感じます。そして、朝食を食べることもまた大切な時間であるのです。

ところで、世界中の人たちはどんな朝食を食べているのでしょうか。日本だと、パン派、ごはん派なんかに分かれたりするものかもしれませんが、世界各国ではこうした一般的な選択もある中で、伝統的な朝食もまた好まれていることもあります。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

インドの朝食

englista.022 (1)

インドといえば、カレーのイメージが強い人も多いはず。そして、インドの人たちは朝からカレーを食べます。さすが、カレー大国といったところですね。インドのカレーに加えて、ナンやチャパティを一緒に食べることが普通です。チャパティは、小麦粉と水で薄く伸ばして焼くだけで作れるものです。ナンよりも簡単に、大量生産することができるため、手軽に食べられる庶民派の主食として愛されています。インドの場合に限っては、朝食だということに限らず、このセットを三食通常的に食べているような気がします。

<関連広告>24時間オンライン英会話スクール EFイングリッシュライブ

アメリカの朝食

englista.023 (1)

アメリカ人は一般的に、卵とトースト、ハッシュッドポテト、ベーコンを食べます。卵は目玉焼きであることもあれば、スクランブルエッグ、あるいはゆで卵であるようなこともあります。朝から肉(ベーコン)をガッツリ食うのがアメリカ式、また休日はパンケーキやマフィンのようなものが出てきて、甘いメープルシロップや、生クリームをつけて食べるようなこともあります。

<関連広告>安心のルックJTBや、お手頃価格が魅力のJTBお買得旅!

イギリスの朝食

englista.024 (1)

イングリッシュブレックファストと呼ばれるものがあります。これは、ものすごくボリューミーで、贅沢な食事として噂となっており、出される食材もバラエティ豊かなものとなっています。ポリッジ、ベーコン、ポーチトエッグ、ベイクドビーンズ、キッパー、マーマレード、スコーン、ブラックプティングなど、地域によってもそれぞれ異なるみたいですが、「ガッツリ」であるところに違いはないみたいです。

<関連広告>格安ユーロスター、TGVチケット

フランスの朝食

englista.025 (1)

フランスでは、朝食を栄養補給のためにガツガツ食べるものというよりは、優雅に過ごす時間として捉えられているような節もあり、あまり食べず、時間そのものに重要性を置いているようなイメージがあります。一般的には、バケットやクロワッサンなど、「フランスといったら」に続くようなパンとエスプレッソをカフェで過ごすのです。

<関連広告>“マネパカード新登場!両替手数料が格安”

イタリアの朝食

englista.026 (1)

イタリアも、フランスと同じようにシンプルに済ますことが多く、パンとコーヒーが朝食となっているみたいです。ただ、あんまり朝食に時間をかけるといった風習はないみたいで、通勤途中に済ますようなこともあるそうです。しかし、パンは比較的甘いものが多くて、中にジャムやチョコレートクリームが入っているような場合も少なくないみたいです。糖分を朝入れると、頭が活性化されやすいというのもあるので、重要なポイントかもしれません。


<関連広告>日本人講師のオンライン英会話「ワールドトーク」

ベルギーの朝食

englista.027 (1)

イタリアを凌ぎ、さらに甘党力を発揮するのがベルギーです。ベルギーといえば、チョコレートとワッフル。ワッフルはおやつの時間はもちろん、朝食やデザートにも登場してきます。歩いていて店舗でも見かけることができる出来立てのワッフルを頬張るのが、ベルギー人たちの定番スタイルです。カルボナードやストゥンプのような、甘さ控えめでお口がとろける付け合わせも一緒に食べたりするみたいです。

<関連広告>駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!

ドイツの朝食

englista.028 (1)

ドイツといえば、ソーセージとビールが有名です。まさか、朝からソーセージとビールはなんて。主流というわけでもないそうですが、実際に朝食レストランで朝からソーセージとビールを食することはできるみたいです。もはや、オレンジジュース感覚でビールがドイツでは出されるという事実。ドイツのソーセージには、幾つか種類があるみたいなのですが、午前中に出されるものであれば、白ソーセージであることが多いみたいです。

<関連広告>
42日で話せる実感!「スピークナチュラル」

中国の朝食

englista.029 (1)

中国では朝から中華料理の序章が、バンッと披露されるみたいです。麺類を食べるようなこともあれば、マントウ(饅頭)やパオズ(包子)、ジャオズ(餃子)などの一口から食べられるものまで様々あるみたいです。揚げパンのようなものも一般的で、朝からよく揚げたものを食べるといった文化が風潮しているみたいです。

<関連広告>■英会話上達のコツが判明─。

韓国の朝食

englista.030 (1)

お隣の国、韓国ではご飯よりも飲みながら食べる系のものがあります。一つは、「ソルロンタン」。これは牛の肉や骨をよく煮込んで出すスープ、長時間かけて煮込むため、味も濃厚となっています。もう一つが、チュッ(お粥)という選択です。これは一般的にお粥であり、木の実やカボチャと一緒に食べることができます。また、韓国で人気なファーストフードはマクドナルドではなく、ロッテリア。オリジナルメニューも楽しむことができます。

実際のところ、料理をしてきちんと食事をするような家庭は半分くらいで、残りの半分は万国共通で簡易的に味付けをすることができるような料理を食べているみたいです。オートミールや、コーンフレーク、喫茶店で買うことができるパンなど、ガッツリはしていません。

しかし、最近の都内では世界の朝食をテーマにしたようなカフェの出店も相次いでいるようです。朝食を今まで食べないという人も、そんな世界の朝食をめぐる旅をしに、少しでも生活習慣を変えてみてはいかがでしょうか。朝早起きすることが、ちょっぴり楽しくなるのかもしれません。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る