正しい発音とネイティブの発音は違う?英語の発音のおはなし

6EIGONOHATSUON

昨年11月に行われたミャンマーの総選挙の後、テレビでも大きく報道されていた、アウンサンスーチー氏の演説を多くの方が耳にされたことと思います。

ノーベル平和賞受賞者としても知られる、アウンサンスーチーさんの英語の発音は、演説内容の力強さをさらに引き立てる、とてもキチンとしたきれいな英語でした。

私たち日本人は、何年間も学校で英語教育をうけ、読み書きには自信があっても、発音に関しては本当に苦手です。

自分で発音できない音は、聞き取れるはずもないので、リスニングはスピーキングよりもさらに苦手です。

これを解決する近道として、今回は言語の発音について、お話ししたいと思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■正しい発音とネイティブの発音は違う?

オックスフォード大学やロンドン大学で学び、様々な活動をされてきたアウンサンスーチーさんの英語は、美しいイギリス英語です。

英語には大きく分けて、イギリス英語とアメリカ英語があります。
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ…英語を話す国はたくさん思い浮かびますが、どちらかに属していて発音にも特徴があります。

「Water」の発音をあえてカタカナで書くと、イギリス英語では「ウォータ」のように、アメリカ英語では「ワーター」または「ワーラー」のように発音されます。
アメリカ人のネイティブは、「t」の子音が曖昧なラ行音になりやすいという特徴もあります。

また、同じイギリス英語でも、オーストラリア人のネイティブは独特の発音をします。
「Snake」は、「スネイク」というより「スナイク」に近い発音です。

アウンサンスーチーさんは、ミャンマーがビルマだった時代の首都ラングーン生まれですが、おそらく誰が聞いても美しいと感じる英語を話されます。 
これが私たちの目指す正しい英語の発音ではないでしょうか。

<関連広告> ワンミニッツイングリッシュは1分聞くだけ!の英語プログラム

■発音の基本は口の形

発音を練習するとき、もっとも大事なのは、口の形です。
口の形とは、口の開け方、閉じ方、唇の形、口の中での舌の位置や形などです。

各国どの言語の発音であれ、人間が発することができる発音素は、共通の発音記号で表せて、その音によって口の形が決まっています。
つまり、その口の形にして、息を出せばその音になるということです。

息の出し方には二通りあり、声帯や唇や鼻の奥などを震わせると有声音になり、空気だけを出すイメージだと無声音になります。
同じ口の形で、「d」は有声音で「t」は無声音、「b」は有声音で「p」は無声音ですので、やってみてください。

<関連広告>
DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

■日本人が聞き取れない発音

英語のアルファベットの発音には、母音と子音があります。
母音は有声音の中でも日本人にとって聞き取りやすい、いわゆる「ア・エ・イ・オ・ウ」にあたる音で、それ以外が子音です。

日本語は、イタリア語など同じく、音節が母音で終わる言語ですが、英語は音節が子音で終わる言語です。
子音は日本人には聞き取りにくく、さらに英会話の場合には、単語と単語の間で自然に生まれる「リエゾン」が、さらに日本人の耳に混乱を招きます。

リエゾンとは、単語の最後の子音が次の単語の母音の影響を受けてつながることです。
「Thank you」をカタカナで書いてくださいと言えば、「サンク ユー」ではなく、「サンキュー」と書きますよね。 Thankの最後の子音「k」と次単語Youの母音が合わさって、kyou「キュー」に聞こえます。 
これがリエゾンです。

日本人の耳は、開音節に慣れているので、表記できない子音を無意識に母音に変えて認識しようとしてしまいまいます。 
さらにローマ字という日本語を英語より先に学校で習ってしまうので、カタカナ英語がバッチリ身に付きます。

「Smile」の発音には、母音は「i」一つしかないのですが、一瞬にしてSu「ス」Ma「マ」I「イ」Ru「ル」と、日本語のローマ字に変換してしまうのです。 
逆に、もしこの単語を初めて見せられたら、「スミレ」と呼んでしまう人もいるかもしれません。(笑)

このように、発音の基本そのものを理解したうえで、日本人が苦手な部分を克服するような発音練習をすれば、きっとあなたの英会話も上達するはずです。

<関連広告> 英語・英会話の上達を目指すなら【ロゼッタストーン】

■まとめ

私たち日本人は、英語の発音やリスニングがどうしても苦手だと感じています。

英語には、大きく分けでイギリス英語とアメリカ英語があり、ネイティブのなかでも発音の癖があります。
日本人には、日本語の影響から苦手な発音があり、発音できない音は聞き取ることも難しく、英会話が苦手だと思い込んでいます。

発音の基本は口の形です。 耳から入った音を瞬時にローマ字という日本語に変換する日本人独特の癖に気づいて、口の形から発音の練習をしてみましょう。

発音できれば聞き取れるようになります。
ネイティブから、「あなたは日本人なのになまりがないね~」と、母国語に関係なく美しい英語が話せるようになりたいですね!
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る