子どもの英会話上達が3倍速になるヒミツ?

子どもの英会話学習って、みなさんどうしているのでしょうか?
うちの子どもは、英語学習のスタートが遅れてしまったのではないかしら?
どうしたら、英語に興味を持って勉強してくれるようになりますか?

私が主宰している「親子で楽しいENGLISHサークル」に参加してくださっているママ達からよく聞かれる質問です。

今日は、サークルでも実際に効果をあげている、お勧めの学習法をご紹介したいと思います。 

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■今や英語が話せなければ困る時代?

英語は、小学校の必須科目にもなりましたが、英語学習のスタートは、早ければ早いほど良いと世間では言われています。
それは、人間の赤ちゃんの母国語習得と同様にすれば一番良いとう考えからです。

特に、両親ともに英語が苦手という場合は、子どもには同じ苦労をさせたくないと、日本語も話せない乳幼児期から英会話スクールに通わせている方や、経済的に余裕があれば、インターナショナルプレスクールに通わせたいという考えの方も多いようです。

ですが、乳幼児期を過ぎても、人間には、言語の種類に関わらず、学習した単語や表現を組み合わせてその場面に合った新しい文章を作る能力があり、大人になってからでも英会話は習得できます。

英語は、人生における学びの可能性を広げるための一つのツールです。 
国語と同様に、他の科目とは別格のあらゆる学習の基盤となるコミュニケーションスキルです。
例えば、算数や理科がコンピュータのソフトウェアだとすると、英語はOSのようなものだと捉えて、将来のために是非マスターしたいですね。

<関連広告>NHK教育「えいごであそぼ」の幼児英語教材

■ママや家族が効果的に一緒に学習しよう!

私は、親子英語サークルでお勧めしているのは、子どもだけに英語を勉強させるのではなく、生活の中で、ママや家族の方も一緒に英語に興味をもってもらい、英会話の面白さを体験する学習法です。

サークルは、未就学親子グループと、幼稚園から小学生の子ども達を年齢や学習レベルごとに分けたグループで活動していますが、2年前からママだけのグループを増やしました。

子どもたちがやっているPhonics(フォニックス)や英語の童謡曲の内容を、ママ自身も興味が持てるような別の視点で学習しています。

これにより、ママが英語の面白さに目覚めると(笑)、月2回のサークルに参加しているだけの子ども達の英会話上達が格段に違ってくるのです!

<関連広告>子供英会話のリップルキッズパーク

■ママは先生用の教材で学習する

ママの学習に使っているのは、子どもの教材に沿った、先生用の資料です。

例えば、子ども達に「Yes, I can!」という英語の歌を紹介する週には、ママグループでも同じ曲を、全文英語で書かれた教える側の資料で次のように学習しています。

Language Focus「言葉のめあて」
“Yes, I can.” “I can _____.”  「はい、できます。/私は~できます。」
“No, I can’t.” “I can’t _______.” 「いいえ、できません。/私は~できません。」

Animals (bird, elephant, fish, gorilla, buffalo)
「動物(鳥、象、魚、ゴリラ、バッファロー)」

Action verbs (clap, fly, stomp, swim, climb, run, sing, dance)
「動作を表す動詞(拍手する、飛ぶ、足踏みする、泳ぐ、登る、走る、歌う、踊る)」

Lyrics and Actions 「歌詞と動作」
Key gestures: 「キーとなるジェスチャー:」
Bird – Open and close your index finger and thumb in front of your mouth, imitating a bird’s beak.
「鳥-開閉する(何を?)人差し指と親指を(どこで?)口の前で(どのように?)鳥の口ばしを真似るように」

♫ Little bird, little bird, can you clap? [Bird gesture. Shrug your shoulders. Clap.]
「小鳥、小鳥、拍手できる?(鳥のジェスチャー。両肩をすくめる。拍手。)」
No, I can’t. No, I can’t. I can’t clap. [Shake your head “no.” Thumbs down.]
「いいえ、できません。いいえ、できません。できません。(頭を「いいえ」と振る。親指を下に向ける。)」

このように、歌詞や文法とその教え方を英語で理解し、歌詞の発音の練習を中心に、ジェスチャーもマスターしていきます。

始めは英語が苦手なママたちでも、英語らしい発音ができたり、英語で理解できたりする感覚を自ら実感しながら、子育ての合間の自己啓発としても英語学習に興味や意欲が増してくるというダブル効果があります。

すると、家庭のなかでも自然に子どもと一緒に英語のCDを聴いたり、ロールプレイをしながら教えてあげたりもできるようになり、日常的に英語を使った楽しい親子コミュニケーションの時間ができるのです。

<関連広告>
DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

■まとめ

子どもの英会話上達のキーポイントは、ママや家族にあります。

小学校でも必須科目と立った英語は、早く学習を始めた方がいいと言われていますが、乳幼児期を逃したとしても、ママ次第で子どもの英語力はグングン上達します!

子ども用の易しい内容の学習教材を、教える側の視点でママが学習することで、ママ自身の英語学習意欲が増し、英語習得の醍醐味を感じながら、親子で楽しく英語を学習できる環境が作れます。

その結果、子どもの英語学習への興味や英会話上達の速度は何倍にもなり、ママ自身の英語力もアップするという嬉しいダブル効果があります。

実体験に基づくお勧めの学習法ですので、是非お試しください!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る