これは使える!英会話教材の選び方

子どもに英会話を教えるための教材や、自宅学習用の教材って、どのように選んでいますか?

洋書やテキストブックを多く取り扱っている大型の本屋さんに、たまに足を運んでみると、楽しい教材をたくさん見つけることができます。

でも、電車に乗ってわざわざそのような本屋に行ったり、ゆっくり教材を選ぶ時間がなかったり、教室などでまとめて購入したい場合などには、インターネットで目的に合った教材を効率よく探して、注文できると助かりますよね。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■英語教材を選ぶポイント

私は、幼児から大人までの英会話の指導をしていますが、テキスト選びってとても大切だと思っています。
学習者に合わせた内容やレベル、自分自身の教えやすさ、ホームワークや復習のしやすさなど、教材選びにもポイントがあります。

私自身も、娘のための英語教育をどうしようかなぁと考えた時期があります。
有名なキッズ英語の通信教育を実際にとってみたり、ホームティーチャー教室の教材を先生になる側の立場で体験してみたり、DWE(ディズニー教材)をはじめとする色々な体験DVDも実際に使っていました。

良い教材はいっぱいあり迷ってしまうのですが、私の教材選びのポイントは、家庭でも使える、家でも繰り返し見たり、聴いたりしたくなるような教材です。
なぜなら、英語は、週に1回1時間、教室の中でだけ勉強しても、しゃべれるようにはならないからです。
毎日少しでも、おうちの中に英語でのコミュニケーションがある子は伸びます!

<関連広告>NHK教育「えいごであそぼ」の幼児英語教材

■私のお勧めサイト「イングリッシュブックス」

そんな私が教材選びに使っているウェブサイト
イングリッシュブックス」(http://www.englishbooks.jp/)をご紹介します。

このサイトは、英語ページと日本語ページの両方があるので、ご安心ください。

トップページに入るとカタログページにつながり、書籍のタイトルや商品名、カテゴリー、出版社、著者などの検索項目で、お目当ての学習教材を選ぶことができます。

英語テキストだけでなく、CD、DVD、その他付属教材のバラエティーも豊富で、さらに、フランス語やスペイン語の教材の取扱いもあるようです。

インターネットサイトで、直接検索から注文まで完結できるのですが、さらに、紙ベースのカタログを郵送してもらうことも可能です。

私は、毎年、更新された新しいカタログが自宅に届くのを楽しみにしています。
時間のある時にゆっくりカタログを見ながら、主宰する英語サークルの教材を検討したり、個人的に教材選びの相談を受けた時に利用したりしています。

<関連広告>子ども専用オンライン英会話

■目的の教材を割引価格で購入できます

教材や商品のカテゴリーは、子ども用だけではありません。

中高生、大学生、大人用の教材、Self-Study教材、ビジネスや専門別の英語教材、e-bookやe-learning、各種試験対策テキストなど、幅広く取り扱われています。

しかも、嬉しい割引価格で購入できる商品が多数あります。
時々サイトをのぞいてみると、ラッキーなセール品や超特価の教材に出会えるかもしれませんよ!

<関連広告>
DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

■まとめ

子どもの英会話教材の選び方のポイントは、こどものレベルや興味にあった教えやすい内容であり、自宅でも楽しく繰り返し復習できるということが大切です。

教材選びや注文には、インターネットサイト「イングリッシュブックス」がお勧めです。

http://www.englishbooks.jp/では、子ども用だけでなく、各種試験対策や大人の専門別教材まで、幅広い目的の商品が取り扱われているので、効率的に、教材によっては超割引価格で、手にいれることができます。

教材選びにお悩みの方は、是非ご利用ください!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る