英語上達のための勉強法~リスニング編〜

GoogleAdManager

現在日本人の多くが抱えている英語での悩みとして「リスニングが苦手」が大多数を占めると思います。

なぜそうなってしまうかと言うと、日本の英語学習は受験対策が基本で、どうしても文法や長文読解がメインになってきてしまうからです。

なので、特別なレッスンを受けてない人は誰でもここでつまずきます。
しょうがない。

そこで、効果的なリスニングの仕方をご紹介したいと思います。

対象者は、文法や長文読解は得意だけどリスニングだけ苦手…という方です。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■リスニング上達に効果的な教材

まず手に入れるべき教材ですが、
・DUO3.0(本)
・DUO3.0 / CD基礎用
・DUO3.0 / CD復習用
・語学プレーヤー(無料アプリ)
・BBC Radio(無料アプリ)

です。

レッスンを行うにあたり、目標達成までの期間を4つに分けます。

「1月から1年でマスターしたい!」という人は1-3月が期間1、4-6月が期間2、7-9月が期間3、10-12月が期間4、という形です。

行程をざっくり言うと

期間1:Section1-15
期間2:Section15-30
期間3:Section31-45
期間4:ラジオを聴く

という形になります。

■ステップ1 基礎用CDを聞き流す

具体的な勉強方法をお伝えしていきましょう。

はじめに、その期間にやるべき15sessionの文章を一度に全部読みます。

その時にわからない単語があれば、その単語にマーカーを引きます。

マーカーを引き終えたら、基礎用CDを聞き流しまくる

各単語が、文章内ではどう聞こえるのかという点を意識して聞きましょう。

この練習を続けていると、ペラペラペラ〜と聞こえていたのが、次第に単語が聞こえるようになってきます。

■ステップ2 復習用CDをひたすら聞く

聞き流すのに慣れてきて、英語で聞いて英語で理解できるようになったと思ったら次のステップ。
(DUOの場合、文章の意味を覚えてしまっただけなのに意味を理解できるようになったと錯覚しますが、それで大丈夫です。笑)

語学プレーヤーに復習用CDの音源をあらかじめ入れておき、それをひたすら聞きます

文章の意味と出てくる単語はすでに頭に入っているので、聞き辛いということはもうないと思います。慣れてきたと思ったら、速度をはやめていきましょう。

この時はもう意味は考えなくていいです。

BGMとして通学、通勤時間などを利用して行えばよいかと思います。

これを期間の最後まで続けてください。

これを3ターム繰り返します。

ここまで追い込めば相当リスニング力は上がっています。

しかし、「文章を覚えてしまっているだけ」、という要素も少なからずあるので、

■ステップ3 BBC Radioを聞く

次にBBC Radioを聞きます

これが一番効きます。

チャンネルがいくつもあるのですが、4か5が内容的に分かりやすいでしょう。

一応はじめに期間を設けましたが、BBCラジオは習慣化させてしまえばもうリスニングマスターです。

長い道のりになるかとは思いますが、リスニングで苦しまなくなったり、映画が字幕なしで楽しめたりというのは嬉しいことこの上ないです。

リスニングはやった分だけ伸びます。

是非頑張りましょう!

■まとめ

最後に僕自身の経験なのですが、毎日行き帰りの1時間、つまり1日2時間ラジオを聞いていたら、1ヶ月で異変が起きました。
まず、ラジオが聞き取れるようになってる。

あと、YouTubeで洋楽をよく漁るのですが、同じ日から突然ライブのMCが聞き取れるようになってました。

これは嬉しかった!

一番びっくりしたのが、TOEICの点数が、得意なはずのリーディングパートよりも良かったことです。
この感動を共有したいので、ぜひ皆様もリスニング、得意になりましょう!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

トップへ戻る