イギリスやオーストラリア留学に必要な、IELTSとは?

英語の実力を知るためのテストと言えば、日本では英検と、TOIECやTOEFLあたりを思い浮かべます。

IELTSも、英語力の指標となるテストの一つなのですが、意外にご存じない方もいらっしゃるようです。

今日は、イギリスやオーストラリアへの留学を検討されている方には、必須のIELTSについて、分かりやすくご紹介したいと思います。

USAドル高傾向の今、海外留学のためのご参考になさってください!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■IELTSとは?

4IELTS記事内
IELTSとは、International English Language Testing Systemの頭文字をとった言葉で、アイエルツと呼ばれています。

国を超えて、高度な教育を受けるための英語力や、主にイギリスやオーストラリアなどへの移民の準備目的のために、世界中で、年間200万人以上が受験する英語力テストの一つです。

IELTSには、Academic(アカデミック)とGeneral Training(ジェネラル)の二種類があり、進学の場合にはAcademicのポイントが必要になります。
Reading(読解)、Writing(作文)、Listening(聞く)、Speaking(話す)の4つの実践的なSkills(スキル)に分かれたテストの点数と、Overall(総合平均)の点数で評価されます。

例えば、入学したい大学や働きたい会社、また海外の永住権を取得する場合など、求められる種類の必要ポイントに合わせて、学習を進めるとよいでしょう。

IELTSは、世界中で9000を超える教育機関や組織が導入しているテストなのです。

<関連広告>本格的な留学の前にまずは0円留学

■イギリスやオーストラリアに留学するならIELTS

海外留学先が、アメリカやカナダの場合は、TOEFLというテストの点数が重要視されますが、イギリスやオーストラリア、ニュージーランドへの留学の場合には、出願時にIELTSの点数が必要になります。

テストの評価は0~9までの0.5刻みの点数で表されます。
専門学校や大学に進学する場合には、学部にもよりますが、6.0(Competent user)~7.0(Good userレベル)以上のポイントが必要です。

正直、9.0というポイントは、ネイティブでも難しい基準です。
私たちが日本人だからと言って、高校受験や大学受験の国語のテストを受けたとしても、みんなが満点に近い点数を取れるなんてありえませんよね(笑)
それと同じです。

私は、2度受験したことがありますが、ます一度受けてみて、自分のReading(読解)、Writing(作文)、Listening(聞く)、Speaking(話す)の英語力のバランスを見て、苦手な部分を効率的に勉強すると良いと思います。

<関連広告>アメリカ・カナダ・オーストラリア等18ヶ国の留学費用・資料を一括取り寄せ!

■受験方法

IELTSテストを実施しているのは、British Council(ブリティッシュ カウンシル)です。

ホームページは、 
http://takeielts.britishcouncil.org/

日本語のホームページもあります。
https://www.britishcouncil.jp/

IELTSテストは、日本で申し込み、受験することができます。
試験会場は、東京・大阪・横浜・神戸・京都・名古屋・金沢・札幌・仙台・広島・福岡とありますので、お近くの会場のスケジュールを事前に調べて、申し込んでください。

<関連広告> ワンミニッツイングリッシュは1分聞くだけ!の英語プログラム

■まとめ

IELTSは、世界中で年間200万人以上が受験するといわれる、ポピュラーな英語力判定テストの一つです。

イギリスやオーストラリア、ニュージーランドへの海外留学を考えている方は、出願時にIELTSの点数が必要です。

IELTSテストは、British Council(ブリティッシュ カウンシル)が実施していて、日本国内の都市で受験が可能です。

米ドル高が続いている今だからこそ、イギリスやオーストラリアへ留学するというのはいかがでしょうか? 
その第一歩として、IELTSを受験してみてください!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る