Twitter創業者の言葉を知って、ツイートしてみよう。

スティーブジョブズ、ビルゲイツ、マークザッカーバーグ。IT時代を博するリーダーたちは、素晴らしいモノやサービスを生み出し、世に送り届けるだけではなく、カリスマ性を持って、大衆に人生の道標を語りかける姿勢もまた世界を変えている一つの仕事となっています。今回は、「渋谷なう。」の切り口で、日本に上陸し、今もなお人気は衰えることがないTwitterの創業者・ジャックドーシーにスポットを当てます。

ジャックドーシーは、140文字以内で思ったことをリアルタイムで配信するTwitterを発明した一人です。彼の成功者としての手腕は、Twitterだけでなく、イヤフォンジャックを差し込むだけでモバイル決済を一瞬で可能にするペイメントサービスSquareを世界有数の企業まで作り上げたことで、確固たるものとなりました。

もはや説明の必要もないTwitterですが、2006年に前身となるオブビアウス社が開発を始めた頃はまだほとんど使う人はいませんでした。この10年で、企業は驚くべき成長を遂げました。彼らのミッションは、To give everyone the power to create and share ideas and information instantly, without barriers.(全ての人たちが障壁なく、アイデアや情報をすぐに作成し、共有できる力を与える)。この理念は揺るぎなく、FacebookやSnapchatのようなSNSサービスが多く台頭しても、スピード感とバラエティさで、これを上回るものはまだ出ていません。

Twitterとは異なり、”Make commerce easy(消費を簡単に)”を掲げたSquareも、既に全人類の買い物の常識を変えつつあります。日本も含めて、世界中の小売店に届けられたスマートなペイメントソリューションは、イヤフォンジャックにカードリーダーを取りつけて、カードを決済するだけで解決です。買う側も、売る側も、幅が広がったことに間違いありません。

そんなジャックドーシーは、先に挙げたようなジョブズやマークザッカーバーグが10代でステージに立ったキャリアとは異なり、29歳でそのサクセスストーリーを編み出すことになりました。それまでの彼は、いたって普通の青年でした。だからこそ、彼の言葉にはどこか等身大で、共感できるところも多いです。幾つか、彼の言葉を見てみましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

Make every detail perfect, and limit the number of details to perfect.
全ての細かいところを完璧にし、そして無駄をなくしていくことをしましょう。

Twitterにしても、Squareにしても、その製品の特徴からは「シンプルさ」が言い切れます。一貫して、無駄がないことにこだわっている姿勢は、どこかジョブズの姿勢にも近いところを感じます。

Twitter was around communication and visualizing what was happening in the world in real-time. Square was allowing everyone to accept the form of payment people have in their pocket today, which is a credit card.
Twitterは世界で今まさに何が起こっているのかをコミュニケーションや見えるような形に落とし込んだものでした。Squareはあらゆる人たちがクレジットカードのようなポケットに入っているもので、どんな買い物でもできるようにしたものでした。

コミュニケーションと、買い物。言ってしまえば、生活していく上で最も必要となる2つの領域を変えてしまったのが、ジャックドーシーだったわけです。

I was fascinated with jeans, because you can impress your life upon the jeans you wear. The way you sit imprints on the jeans.
ジーンズを着ていれば、あなたの人生をそのジーンズに跡を残すことができる、私はそれに魅了されました。ジーンズを着て座っているだけで、それはできるのです。

ジーンズは、好きな人は好きなパンツです。履けば履くほど、自分にフィットしていく作りには、どこか愛着を沸かせてしまうものなのでしょう。ドーシーは、こうした履くだけでその人を映し出すジーンズの存在に敬意を表しています。

Twitter has been my life's work in many senses. It started with a fascination with cities and how they work, and what's going on in them right now.
Twitterには、私の人生のあらゆるものが詰まっています。それは街で人々がどのように働き、魅了され、そして今まさに何が起こっているのかから始まるのです。

今では、Twitterはさまざまな用途で使われるだけでなく、悲しい事件にそのプラットフォームが関与してしまっているようなことも起こりうります。しかし、その原点はすべてドーシーがこだわったシンプルなアイデアに収束されるのです。

彼は「失敗」はないと捉えています。あらゆる挑戦は、一つも無駄がなく、一度始めたことを失敗として完了するのではなく、またこれから先でやるかもしれない種として引き出しにしまっておくのです。もともと、地図が好きだったドーシーは、起業し当初はこの実現に挑戦しますが、結局は叶うことはありませんでした。しかし、彼がそのアイデアを再び取り出したのはTwitterが成熟した時でした。あらゆる考えや、経験はすべての線として繋がっていくのです。

あなたがいつも使っているTwitterも、彼の思いを知れば、ちょっぴり違った使い方もまた始められるかもしれませんね。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る