【あなたはどっち派】アメリカ英語VSイギリス英語

日本語という1つの言語をとっても数々の訛りがありますよね。
標準語を基準として、博多弁や関西弁、京都弁、はたまた津軽弁まで。日本という小さな国内だけでも多くの方言があります。では英語ではどうでしょうか?
英語という言語を喋る国はたくさんあります。今回紹介するアメリカ英語とイギリス英語からオーストラリア英語、もしくはネイティブの国ではありませんがインド英語、ジャパニーズイングリッシュという単語もあります。
世界中の人々が喋ることができる英語には数えきれないほど多くの英語があるのです。

数多くある英語の中でもやはり有名なのはアメリカ英語とイギリス英語。実際に聞いていただくと分かりますが全然違います。
発音の仕方が違えば、使う単語も違うのです。今回はアメリカ英語とイギリス英語の特徴と違いを解説していきます。
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

アメリカ英語の特徴

アメリカ英語を話す国はアメリカ合衆国だけではありません。
カナダやオンライン英会話で人気のフィリピンでもアメリカ英語が話されています。実際に私がオンライン英会話を行っていた時も講師の友人の上司がアメリカ人というケースが多々ありました。イギリス英語とアメリカ英語を話す人口を比較してみると、アメリカ英語を話す人口の方が圧倒的に多いです。

アメリカ合衆国は様々な分野で世界のトップを走っています。そのため現在の英語の主流はアメリカ英語です。
アメリカ英語が日本の標準語と言い換えることができます。
しかしアメリカ英語と言っても様々な種類があります。ご存知のようにアメリカ合衆国は大きな国です。各州ごとに微妙なニュアンスがありますが、大きくアメリカ英語を分けると北部、中部、南部。 
しかし各州ごとに訛りを分けていたらキリがないので特に気にすることはありません。

<関連広告>アメリカのお得なホテル情報満載!いますぐ予約

イギリス英語の特徴

イギリス英語もアメリカ英語と同様に多くの国に使われます。
イギリス英語を話す国はイギリスや南アフリカ、マレーシアなどたくさんあります。これは大英帝国時代にイギリスが様々な国を植民地化したからでしょう。

もしかしたらイギリス英語にあこがれる方も多いかもしれませんね。 
私も英語学習を始めた当初はイギリス英語にあこがれを抱いていました。理由は単純、イギリス英語はセクシーだと聞いていたからです。 
私が考えるに、イギリス英語がセクシーだと言われている理由にはイギリス英語を話す人口がアメリカ英語を話す人口よりも圧倒的に少ないからだと思います。日本でいうと、標準語を話す人々が京都弁や博多弁は可愛い、癒されると言っているのと同じようなものです。
イギリスという国のイメージもあってイギリス英語はある種のブランド化されているのでしょう。
実際にイギリス英語をセクシーと感じるアメリカ人も多く、日本でも爆発的人気を呼んだドラマ『デスパレードな妻たち』のメインキャラクターの1人スーザンがイギリス英語はセクシーだと言っていたのを覚えています。

<関連広告>本気で英語をモノにしたいビジネスマンに圧倒的な支持!【Yumiの脱カタカナ英語マニュアル】

何でアメリカ英語とイギリス英語の違いを学ぶ必要があるの?

現在の英語の主流はアメリカ英語ですがイギリス英語も幅広く使われているのも事実です。
実際にTOEICやTOEFLなどのテストでもアメリカ英語とイギリス映画は必ずと言っていいほど使われます。違いを知ることはどちらの訛りにも慣れることなので、リスニング工場が期待できるでしょう。

そして2つの違いを学ぶ最大の理由は、2つの英語にある小さな違いがとても重要な時があるからです。特に単語の使われ方は意外とややこしくてストレスがたまります。そういった違いを学ぶことは大切です。

英語を学ぶ上でのおすすめはアメリカ英語かイギリス英語のどちらかを学ぶことに決めて、そしてもう1つの言語との違いを少しずつ埋めていくことです。

<関連広告>TOEICスコアアップ!イーラーニング英会話】スピードスピーキング習得

アメリカ英語 VS イギリス英語

・発音

アメリカ英語とイギリス英語の最大の違いは発音です。
例えば”What”という単語をとっても微妙な違いはあります。アメリカ英語スピーカーは最後のTを発音しないことがあります。しかいイギリス英語ではTはしっかりと発音されるのです。
ほかにも”Computer”のTなどイギリス英語でははっきりと発音されます。基本的にイギリス英語はTの音をはっきりと発音します。

他にも顕著な点でいうとNの後ろに続くTを発音するかどうか。
”Internet”という単語で例を見てみましょう。イギリス英語ではTをはっきりと発音する一方、アメリカ英語ではTを発音せずに”Inernet”のように発音することがあります。

母音の発音もアメリカ英語とイギリス英語では違います。
発音の違いは文章で見るよりも動画で学んだ方が効率がいいです。上記に貼った動画はアメリカ英語とイギリス英語の違いを面白おかしく話しています。

<関連広告>今だけ、無料体験レッスン50%増量中!オンラインレッスンのレアジョブ英会話

・文法

アメリカ英語とイギリス英語には文法も微妙な違いがあります。

Have Got Vs Have
アメリカ英語ではシンプルにHaveを使いますが、イギリス英語ではHave Gotを使用します。

イギリス英語:I have got a car.
アメリカ英語:I have a car.

Got Vs Gotten
学校でGetの活用でGet-Got-Gottenと習った方も多いのではないでしょうか?これはアメリカ英語です。イギリス英語の場合はGet-GotーGotです。
似たようなのではForget-Forgot-Forgottenはアメリカ英語。Forget-Forgot-Forgotがイギリス英語です。

過去形の形
英語の過去形と言えば”Watched” や”Touched”のように基本的には動詞の原形の後ろにEDをつけますよね。これはアメリカ英語でもイギリス英語でも同じです。
しかしイギリス英語にはEDの代わりにTをつける動詞の過去形もあります。例えば”Burnt”、”Dreamet”、”Leaarnt”など。

イギリス英語ではTとEDどちらも使うことができます。しかしアメリカ英語ではEDだけです。Tが使われることはありません。

<関連広告>英会話のための英文法

・スペル

イギリス英語とアメリカ英語ではスペルも変わってきます。これはリーディングとライティングにかかわってくることなので押さえておきたいポイントですね。

イギリス英語-our VS アメリカ英語-or
これは例を見てもらった方が早いです。イギリス英語ではorの代わりにourが使われます。

イギリス英語 アメリカ英語
Flavour  Flavor
Favour Favor
Colour Color

われわれ日本人が学校で習うのはアメリカ英語の方の綴りですね。同様にイギリス英語では-iseが-izeの代わりに使われます。

イギリス英語 アメリカ英語
Realise Realize
Organise Organize

<関連広告>NTTとアルクの【バーチャル英会話教室One to Oneレッスン】

・単語

イギリス英語とアメリカ英語では使われる単語も変わってきます。ここからは一気に違いを見ていきましょう。

  

  

  

  

イギリス英語 アメリカ英語
Biscuit Cookie
Chemist Drugstore/Pharmacy
Chips Fries/French fries
Dustbin Trashcan/Garbage can
Cinema Movie theater
Film Movie
Fizzy drink Pop/Soda
Football Soccer
Holiday Vacation
Lift  Elevator
Mobile phone Cell phone
Pants Underwear/Panties
Trousers Pants
To ring To call

いかがでしたか?
他にもまだまだ違いはあります。
個人的におすすめなのはアメリカ英語をベースに英語を学んで、イギリス英語との違いを学んでいくことです。しかしもしイギリス英語が使われている国に留学などをする、もしくはイギリス英語をどうしても学びたいという方はぜひイギリス英語を学んでください。
おすすめの学び方はイギリス人が喋っている動画や音声を見つけてシャドーイングを行うことです。今回の記事が少しでも役に立つことができていれば幸いです。
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る