お喋りしながら、お買い物できる時代?「会話型コマース」世界の消費体験を先取りしよう。

みなさんは欲しいものがあったら、どうやって購入していますか?急に必要になったら、お店へ駆けつけることもあるかもしれませんが、そうではない場合にはネットで検索してそのままクレジットカード入力して、買うことをしたりしているのではないでしょうか?
また、最近のEC(ネットショッピング)ではとてつもなく早いものも出てきていて、注文から1時間で届けてくれるプランもあります。

この「買う」行動ですが、海外・特にアメリカではITを使って、新しい動きが始まりました。それが、会話型コマースです。それは、LINEやFacebookのメッセンジャー経由で友達とチャットする、そんな感覚で企業とチャットしながら欲しいものを購入することができるというもの。

会話型コマースとは、ネットで検索する必要はなく、サービスを提供する企業とチャットでやり取りをしながら、ユーザーに見合った商品が提示され、購入(決済)までがチャット上で完結してしまう超便利なサービスのことを指します。
このチャット相手は、企業のカスタマーセンターが人力で行なっていることもあれば、なんと人工知能(ロボット!)が担当しているなんてこともあるみたいです。

そんな海外ではすでに普及が始まっている「会話型コマース」の例を、実際の会話と照らし合わせて、今日は紹介していきたいと思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

製品のエキスパートが即時対応してくれる『Operator』

englista-005

買いたいものがある時に、まず相談から始められるのがOperatorです。ファッション、日用雑貨、インテリアなど生活に携わるもの全般を取り扱っています。会話で欲しいものを投げかけると、スタンバイしている領域の専門家たちが応答して、ぴったりな商品を提案してくれるような仕組みとなっています。

<実際にあったOperatorとの会話>

Operator: Operator connects you with experts to discover products you’ll love. What can we help you shop for today?
(Operatorはあなたと好きなものを探してくれる専門家を結びます。今日はどんなお手伝いができますか?)

Me: I’m looking for something to wear.
(なにか着るものを探しています。)

Operator: Great! What pieces are you looking for?
(いいですね!特にどんなものを探していますか?)

Me: Bag
(バッグです。)

・I’m looking for something to wear
「be looking for ~」で探しているという意味となり、期待する、楽しみにするなど未来へ投げかける場合にも使われます。
また、「somthing to do」で、doする何かを指す名詞になります。なにか食べたいもの、なにか飲みたいものなどを欲する時には使えますね。

<関連広告> テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

いい感じなレストランをお勧めしてくれる『Luka』

englista-006

このあたりでどこかいいレストランないかな、と思ったことはありませんか。グルメ検索サイトや、Googleマップから探すしかありませんでしたが、Lukaを使えば友達に聞くように気軽に尋ねることができます。
Lukaはユーザーから条件を聞き出して、いい感じなレストランをお勧めしてくれるロボットです。

<実際にあったLukaとの会話>

Luka: Do you work near Willow Gleen?
(Willow Gleenの近くで働いているのですか?)

Me: Yes.
(はい。)

Luka: Thanks. I’ll keep that in mind.
(ありがとうございます。覚えておきますね。)

Luka: Text if you need help with anything else
(もし他になにか手伝えることがあればテキストしてください。)

・I’ll keep that in mind
直訳すれば、私は心の中にそれを留めておきます、となり、rememberと同じで記憶に入れておくことを示す内容となります。

<関連広告>分かる! 解ける! 英文法!

簡単登録で若者の心を捕らえた『Kik Messenger』

englista-007

アメリカ・カナダの若者たちを中心に、面倒な電話番号登録などが不要となるKikが大人気となりました。そんなKikが次に見出したのが、大手ブランドを中心とした企業にプラットフォーム上にチャットのスペースを提供することで、その場でお買い物ができてしまうという革新的なサービス。すでに、多くのビジネスが参入されています。

<実際にあったKikでの会話>

H&M: Do you want to see man’s or women’s clothing?
(あなたが欲しいのは、男性用もしくは女性用の洋服ですか?)

Me: Men’s 
(男性用です。)

H&M: Great, let’s get started!
(いいですね、それでは始めましょう!)

H&M: Which of the following best describe you?
(この中からどれが最も、あなたを表していますか?)
[ Teenager, College student, 20s, 30s, Other ]
(10代, 大学生, 20代, 30代, その他)

Me: 20s
(20代)

H&M: Thx. How about these two?
(ありがとう、この2つなんてどうでしょうか?)

・Let’s get started!
「さあ始めましょう!」と投げかける文句です。レッスンを始めるなど、さまざまな場面で使われがちです。

・Which of the following
「following」は以下のもの、次に述べるものを指し、メールなどでもよく用いられる表現です。

私たちは日々生きている中で、あまりにチャットでの会話形式に慣れすぎました。そんな中で、チャットだけでなんでもできる世界がもうすぐ到来しようとしています。国内ではまだまだ普及は進んでいませんが、海外では「当たり前」になろうとしています。

アメリカのApp Storeからは、チャットが自動で楽しめるサービスが既にたくさんリリースされています。試しに、使ってみてはいかがでしょうか。新しい未来に、きっと心躍ってしまうはずです。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る