【意外と簡単!】あのセレブはこうやってあの体型を作っていた!セレブのダイエット法で英語学習

最近は健康的なライフスタイルを目指す人がふえてきていますよね。食事や睡眠に気を使い、運動で健康的な体を取り入れることは大切です。特に運動の注目度はあがってきています。毎朝必ずランニングする人やジムに行ってトレーニングに励む人も多いと思います。それは海外セレブも例外ではありません。人に見られている意識、美意識が高い海外セレブは誰もが憧れる体を持っていますよね。今回はそんな海外セレブが理想の体を手に入れるために行ったことを学びながら英語学習をしていきたいと思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■The Importance of Exercise

まずは運動を行うべき理由を学んでいきましょう。運動をすることでたくさんの効果が得られます。主な効果は以下の通りです。

・Exercise improves muscle strength. 運動は筋肉を強くする
運動を行うことによって筋肉は増強されます。1さらに関節痛や腰の痛みも減少させることができます。

・Exercise can help you to maintain a healthy weight. 運動で健康体重を維持できる
運動を行えば、行うほど2カロリーは消費されますよね。さらに筋肉が多いほど、3代謝率も上がるのです。つまり何もしなくてもカロリーを消費しやすくなる体になるのですね。

・Exercise improves your mood 運動で気持ちがよくなる
運動を行うとエンドルフィンが分泌されます。エンドルフィンは我々の気持ちをよくしてリラックスした状態にしてくれる働きを持っています。そのためストレスが減少するのです。さらに運動を行うことによって4鬱などの精神病予防にもなります。

他にも脳の働きをよくしたり、自信がつくなど肉体的にも精神的にも大切な運動。憧れのセレブたちは美しい体をどのようにして保っているのでしょうか?今回はハリウッド1セクシーな体型のケイト・アプトンのライフスタイルを紹介します。

1.to reduce your risk of joint and lower back pain.Jointは「関節」、Lower backは「腰」です。
2.to burn calories カロリーを消費する
3.metabolic rate 代謝率
4.depression 鬱病

<関連広告> テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

■Kate Upton

ケイト・アプトンはアメリカのモデル、女優です。彼女の胸と腰がはりつつウエストは細く引き締まった体は”hourglass body(=砂時計のような体)”と称されます。そんな誰もが憧れる体をもつケイトはまだ24歳。食べるのが大好きな彼女は以前はぽっちゃり(=chubby)でした。彼女はどのようなトレーニングをして現在のスタイルを手に入れたのでしょうか?

1. Sterength training 筋力トレーニング
Kate does a strength based circuit training program for five days a week, for about an hour each day.
なんとケイトは週に5回筋力トレーニングをベースとしたサーキットトレーニングを行っているのでした。1回のトレーニング時間は約1時間。サーキットトレーニングとは全身を使う運動のことです。ケイトはデッドリフト(=dead lift)やヒップスラスト(=hip thrust)、ランジ(=lundge)などを取り入れています。

ケイトのトレーナーのブルーノさんは次のように述べています。

"A lot of girls are scared to do strength training because they fear that they're going to 1bulk up, but if you do the right stuff and focus on the right exercises, it actually helps 2tighten everything up. Kate has really tightened up her3 physique noticeably as she's gotten stronger."
「多くの女性が体が大きくなることを恐れて筋力トレーニングを避けています。でもちゃんとした器具とちゃんとした動きを意識すれば、体を絞るのに役立つのです。ケイトは強くなるのと共に体も絞られましたよ」

ブルーノはこのサーキットトレーニングに有酸素運動を取り入れたのでケイトはランニングをすることは一切なかったそうです。

1. bulk up – 大きくなる、大きくする、増大させる
2. tighten up – 締まる
3. physique – 体つき、体格

2. Diet ダイエット
ケイトはトレーニングとダイエットを共に行いました。このことに関してもブルーノは以下のように述べています。

"1Nutrition is more than half the battle. She 2committed to both the training and the eating right from the 3get-go, and that's why she's seeing such great results." 
「栄養はこのダイエットという戦いの半分以上を占めているよ。彼女はトレーニングと食生活のチェンジを始めから打ち込んだんだ。だから最高の結果が出たんだ」

彼女は短期間で減量をするのではなく、長期間で健康的なライフスタイルを身に着けるのを目標にしました。

1. nutrituon – 栄養
2. commit – 最大の努力をする、約束する
3. get-go – 始め

3. She eats a lot of protein. たくさんのたんぱく質を摂取した
たんぱく質を摂取することは大切なので、ケイトは1脂肪分のないたんぱく質をたくさん摂取しました。例えば鶏肉を入れたサラダだとヘルシーですよね。

さらにケイトは砂糖と2加工食品を摂取するのをできるだけやめたそうです。これがダイエット成功のカギになっているみたいですね。

1. lean protein – 脂肪分の少ないたんぱく質
2. processed food – 加工食品

4. She lets herself indulge once in a while  たまには好きなものを食べても飲んでもいい
ケイトは食べるのも、お酒を飲むのも大好きだそうです。そんな彼女はダイエットだからと言って自分に徹底的に厳しく接するのではなく、時には自分を1甘やかしました。摂生中でも2あちこちに3ご褒美を用意することで、3耐え難いダイエットではなく、長く続けることができるダイエットになったのですね。また4チートデーを設定するのではなく、気が向いたらご褒美をあげていたそうです。

1. indulge – 甘やかす
2. here and there – あちこち
3. treat – ご褒美
ちなみに「自分へのご褒美」は”treat myself”といいます。
4. cheat day – チートデーとはダイエットをしている人が何でも食べていいと決めている日のことです。チートデーにはカロリーを気にすることなくなんでも食べれます。

<関連広告>1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座

■まとめ

男性だけでなく女性をも魅了するスタイルの持ち主ケイトはやはりかなりの努力をしていましたね。彼女のライフスタイルが参考になった方も多いのではないでしょうか。ケイトのように週5回ジムでトレーニングすることは難しいかもしれませんが、家で腕立てやスクワットなどの筋力トレーニングはできますよね。アメリカではスクワットチャレンジというものが流行りましたよね。スクワットはお尻だけではなく腹筋なども鍛えられる全身運動なのでぜひ取り入れていきたいですね。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る