英語で「道をたずねる・教える」には?すぐに使える英語フレーズ!

街で、英語で道順を聞かれた経験のある人は少なくないのでは。相手の知りたいことを理解し、スムーズに案内出来れば、困った人を助けられたという満足感とともに、英語でそれをこなせたという達成感が得られることでしょう。
「以前、道を聞かれたあの時、どう言えばよかったのかな」と心残りのある人がこの記事を読んで、気になる答えを見つけて頂けたら嬉しいです。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■道を訊く

道順・行き方のことは「directions」といいます。

道を尋ねたいときは「Excuse me,」に続けて次のように訊いてみましょう。

・Could you tell me how to go / get to ◯◯?
(すみません。◯◯までの行き方を教えてもらえませんか?)

・Do you know where ◯◯ is?
(◯◯はどこにあるかご存じですか?) 

・I’d like to go to ◯◯
(◯◯に行きたいのですが。)

・I’m looking for ◯◯.
(◯◯を探しているのですが。)

・I’ve heard there is ◯◯ around here.
(この辺に◯◯があると聞いたのですが。)

・Have you heard of ◯◯?
(◯◯って聞いたことありませんか?)

・I’m lost. Could you help me to find ◯◯?
(道に迷ってしまいました。◯◯はどこにあるか教えてもらえませんか?)

・Do you know where the nearest ◯◯ is?
(一番近い◯◯はどこかご存知ですか?)

手元に地図を持っているなら、活用しましょう。

・Can you show me where we are on this map?
(この地図だと、現在地はどこになりますか?)

・Do you know how far is ◯◯ from here?
(◯◯までどのくらいか分かりますか?)

・Do you think I can walk there?
(そこまでは歩いて行けそうですか?)

・How can I get there?
(そこまではどうやって行ったらいいでしょうか?)

そして、最後はお礼を忘れずに。

・Thank you. You’ve been very helpful.
(ありがとうございました。とても助かりました。)

あいにく分からないと言われましたか?

・Thank you . I will ask there / someone else.
(ありがとうございました。あそこで/他の方に訊いてみます。)

<関連広告>1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座

■行き方案内

もし、尋ねられた先を知っているなら、まずは、「I know the place.」(そこなら知ってますよ)、「That is just near here.」(それなら、ここからすぐですよ)などと言ってあげたら、訊いた方は安心するでしょうね。

以下に、詳しい道順を伝える「パーツ」を用意してみました。

あそこの◯◯が見えますか?
・Can you see ◯◯ over there?

◯◯へ向かう/◯◯という名前の道があります。
・There is a road going towards ◯◯/ called ◯◯.

◯◯mほど進んでください。
・Go about ◯◯ meters.

そのまま進んでください。
・Keep going.

◯◯まで、そのまま道なりに進んでください。
・Keep following the road until ◯◯.

突き当りまで進んでください。
・Go until the end of the road.

◯◯を通り過ぎて
・Pass ◯◯ 

脇道があります。
・There is a turnoff.

右/左へ曲がって
・Take the right / left

最初/2番目の道を右/左へ
・Take the first / second street right / left.

右手/左手に
・On your right / left

◯◯という高いビルが見えて来ます。
・You will see / There will be a tall building called ◯◯.
◯階にあります。
・It’s on the ◯floor .

国によって「1階」の呼び方が違うので注意してくださいね。アメリカ式は日本と同じですが、英国式だと、日本でいう「1階」はground floorと言います。「first floor」というと2階に行ってしまいます。以降、2階は3階、3階は4階と一階層違いますのでお間違えなく。

行き止まりの手前で/に
・Before the road ends.

道沿いに
・Along the road / street

◯◯を通り越して
・Go beyond ◯◯ / cross ◯◯

◯◯を横切って
・Across the ◯◯

◯◯の前に
・In front of ◯◯

◯◯の裏手に
・Behind ◯◯

◯◯の向かいに
・Opposite ◯◯

斜向かいに
・Diagonally opposite

◯◯の隣に
・Next to ◯◯

◯◯の近くに
・Near ◯◯ / Around ◯◯

◯◯の角に/で
・At the corner of ◯◯

陸橋
・flyover

交差点
・intersection

T字路
・T junction

標識
・signpost

看板
・signboard

海外では未舗装の道路もあるかもしれませんね。

舗装道路
・tarmac  / paved road 

未舗装道路
・dirt road

デコボコ道
・bumpy road
・Turn left onto the dirt road / bumpy road.
(左へ曲がって未舗装道路/デコボコ道に入ってください。)

なお、「コンビニ」はコンビニエンスストア(convenience store)とフルネームで呼んでくださいね。そして、自動販売機は「vending machine」です。

行き先までの見込み時間も伝えると、だいたいの目安になりますし、万が一、行き方を間違えた場合でも気付きやすいですよね。

・ It will take about ◯◯ minutes on foot / by taxi / by train.
(徒歩で/タクシーで/電車で◯◯分ほどかかります。)
・It ‘s about 1km.
(だいたい1kmくらいですね。)


<関連広告>《YouCanSpeak》知っていますか?学習した内容を忘れない仕組み。

■あいにくですが・・・

申し訳ないけど分かりませんと言うときは・・・

・Sorry, I’m stranger here.
(すみません、あいにくこの辺りは不案内なもので。)

・Sorry, I don’t know that place.
(そういう場所は知りませんね。)

・I’ve never hear of it.
(聞いたことないですね。)

自分では、「すみませんが分かりません」と言わざるを得ない場合でも、代わりに分かる人に繋いであげるということも出来ますよね。皆さんも旅先で、最初に尋ねた本人が分からなかったけど、代わりに訊いて回ってくれたので助かったという経験がありませんか? 

 ・Let me call someone who could give you directions.
(その場所が分かりそうな人を呼んで来ましょう。)

・Let me get you who can speak English.
(英語が分かる人を見つけて来ましょう。)

・Let’s try to ask him / her / them.
(あそこの彼/彼女/あの人たちに(一緒に行って)訊いてみましょう。)

・What about asking him / her / them?
(あそこの彼/彼女/あの人たちに訊いてみてはいかがでしょう?)

・If you have the phone number, I can call and ask for you.
(行き先の電話番号をお持ちなら、代わりに電話して訊いてあげることも出来ますよ。)

どうしても困ったら、こちらも。

観光案内所
・tourist information

交番
・police box

<関連広告>英会話無料体験実施中

■離れたところから道を訊ねる・教える

友人を自宅に招くとき、配送や修理屋さんを依頼するときなど、その場に居ない人に行き方を案内する場面もよくあるはずです。
その場で道案内をするなら、身振り手振りでも何とかなってしまうでしょう。でも、電話やメールで案内する場合ならではの言い方も出て来ます。

・ Can you tell me how to get to ◯◯/ your place?
(◯◯/あなたの家までの行き方を教えて下さい。)

・Let me tell you how to get here / Let me give you the directions to my house.
(ここまでの道をお教えしますね/我が家までの道をご案内しますね。)

まずは、起点を想定して説明を始めると分かりやすいですね。

・If you are coming from ◯◯,
(◯◯方面から来るなら・・・)

海外ではストリートに逐一、名前が付いていることがあります。そのような場合は、まずはエリア名に加えてストリート名を伝えましょう。そのストリートを基準に詳しい場所の説明を始めると分かりやすくなります。

・Which area / street do you live?
(どのエリア/ストリートに住んでいるのですか?)

・I live in ◯◯(エリア名) / My house is on the ◯◯ street. 

目印となるものや、似たようなものが二つあったりすることもあるのです・・・。

・There are two Village Supermarkets. Which one?
(ヴィレッジスーパーマーケットというのは二つありますが、どちらですか?)

自宅などに呼ぶ場合、車はどこに停めたらよいか事前に案内しておくと親切です。

・Park outside.
(車は外に停めてください。)

・You can use the parking lot No.◯◯.
(駐車場番号◯◯を使ってください。)

メールであれば、添付ファイルなどで地図を送ることもありますよね。

・Please see the map attached.
(添付の地図をご覧ください。)

・Here is the map to ◯◯.
(◯◯までの地図はこちらに。)

相手が自分の連絡先を知らなければ、迷ってしまった場合に備えて電話番号を教えておくのをお忘れなく。

・If you have troubles, please call me at ◯◯-◯◯.
(もし分からないようだったら、◯◯-◯◯へ電話くださいね。)


<関連広告>
★TOEIC教材/試聴サンプル無料送付中★

■まとめ

海外で道に迷ったとき、分かりやすく案内してもらえるととても助かりますし、親切にしてもらえると嬉しいですよね。逆に自分が訊かれたときも、同じようにお手伝い出来るようにしておきたいものです。
海外に住むなら、緊急事態に備える意味でも、せめて自宅までの道案内はスムーズに出来るようにしておきましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る