留学に行ってみてわかった事

私は今までは、留学に行けばそれだけで英会話がうまくなる、英語を話す事が簡単にできるようになる、とばかり考えていました。
しかし、実際に留学に行ってみてわかった事があります。
それは、単に留学をすれば英語ができるようになるという事はない、という事実です。
というのも、留学の期間にもよるのですが、実際留学していながら、日本語ばかりを使って生活をしている留学生も多いです。
そういった人は、当然英語は身に付きません。また、留学先でも言語がわからない事による壁は高く、色々苦労をしたり恥ずかしい思いをして、どうにか自分からどんどん話すしかないのです。
これができないと、いくら長くいても英語上達には繋がりません。

このように、自分で努力をするという事が、留学においてもとても大切になってくるのです。
その事を知らないまま留学をしてしまうと、結局その留学のお金だったり時間というものを、無駄にする結果に終わってしまう可能性だって十分にあります。

そうなってしまいたくないという方は、どうぞこれらの事を参考にして、留学中には努力をし、しっかりと勉強をして英語と向き合っていきましょう。
留学検討中の方の役に立ってくれればと思います。
M.O、女性、21歳

トップへ戻る