語学留学で失敗しないために

英語が話せるようになることが目的で留学をする人はたくさんいます。今回は、その中でも失敗談を話して、私を反面教師にしてもらえればと思います。
私はイギリスという国が大好きで、高校生の時に語学留学をしました。目的は初海外だったので、もっとイギリスを知りたいということが大きかったです。でも、やっぱり語学学校に通うからには、短期間でも何かしらの英語力は手に入れたいと思っていました。しかし、帰国後私の英語力は伸びませんでした。その理由をみていきます。
まず一つ目は、困ったら日本人の友達に相談していたことです。確かに緊急事態ならともかく、日本人と固まっていてはどうしても話しやすい日本語を話してしまいます。また、仮に英語で話したとしても、それは日本でだってできることです。もっと他国の人とかかわりを持つべきでした。
もう一つは、クラスのレベルが高すぎたということです。日本では英語に自信があったのですが、会話となれば全く別問題。世界の会話レベルは日本よりずっとい高いです。逆に文法力はないのですが、それでもスラスラと話そうとする力は凄かったです。
日本人と固まらないこと、レベルがあった学校を見つけること、この二つは英会話力を伸ばすのに必要不可欠だと思います。

DF、女、24歳

トップへ戻る