留学の効果と上達スピード

f9d8ca48a194b686eb9aa67ab434efa7_m

留学は英語上達のために非常に効果的な方法です。
人によって個人差はありますが、平均で3カ月もすればネイティブの話す英語を問題なく聞き取れるようになるといわれています。
テレビや映画を字幕なしで見れるようになりますし、現地の人の話す言葉も普通に聞き取って会話することができるようになります。

ただし、どの程度英語力が身につくかは個人によって大きく差が出てしまいます。
留学前からある程度読み書きができていれば、留学してすぐに本格的な英会話学習ができますから上達スピードも速くなります。
しかし、ほとんど英語が話せない、書けない、読めないようなレベルだと留学したからといっていきなり英語が上達することは望めません。

留学は英会話学習に良い環境を手に入れることはできますが、どのような努力を重ねていくのかは自分次第です。
自分に甘い人は留学してもとことん自分に甘くしてしまい、英語上達の努力を怠ってしまうこともあります。
学ぶ意欲が無ければ留学しても一向に英語力は尽きませんから、学習意欲が何よりも重要であることは間違いありません。

現地に積極的に溶け込める人ならば、一年もすればネイティブと変わらないレベルで英語を使いこなすことができるようになります。
ビジネスや研究など専門的な英語を身に着けるためには特別なトレーニングが必要ですが、意欲さえあれば誰でも英語力を身に着けることが可能です。

T.M 36歳 男

トップへ戻る