フィリピンのセブ島の語学留学

Young man with backpack in airport near flight timetable

フィリピンは太平洋の7000以上の島がある国です。
共通語として広く英語が使用されており、英語の利用率は世界で3番目です。
近年、英語留学先としてアジアにおいても非常に注目されている国です。

フィリピンのセブ島の語学留学についてご紹介しましょう。
日本人が経営している英語スクールでは、グループとマンツーマンのレッスンで、集中学習を1日に10時間以上最大の場合には行います。
このセブ島の英語スクールは、大手の会社の社内英語化をアドバイスしている日本の会社が経営しています。
マンツーマンレッスンや高いレベルの講師による集中授業、日本人のためにアレンジした食事や快適な施設などによって、高い密度の英語学習ができます。
コースは英会話コース以外に、英語の試験対策、ビジネス英語などから選ぶことができます。
日本人が効率良く短期間で英語力をマスターすることができるように考えられたカリキュラムで、多くの授業の時間数もあるので、英語漬けを希望する場合にはおすすめです。

英会話コースは、グループレッスンとマンツーマンレッスンを組み合わせて、授業は1日に10コマで、朝と夕方に行われる追加レッスンを含めると、最大1日にレッスンを10時間以上も受けることができます。

トップへ戻る