アメリカ留学を通して学んだこと

604a46b2540efc95cb85484eea96946f_m

もともと、英語には興味があり、大学では外国語大学に進みました。
大学では、ネイティブの先生や学生と接する機会が多くて、益々英語に興味を持つようになりました。

大学卒業を目の前にして、私はこのまま、人と同じように就職して、そのまま進んでいくのかなとふと思い始めました。
私の周りを見渡すと、就職する人が殆ど、その中にアメリカへ留学する友人が1人いました。
私は、早速彼女に、留学の事を聞いてみました。
手続きの仕方、学校選びなど、詳しく聞いていくうちに、就職という道を選ばすに、私は留学してもっと自分を高めたいと思うようになりました。

親に話してみると、期間限定という条件で留学を許可してもらいました。
友人が言うとおり、興味のある学校を選び、自分なりに手紙を書き、資料を送ってもらうようにしました。
最初は半信半疑でしたが、選んだ学校からはちゃんと、資料が届きました。
その中で一つ学校を選びました。

私が選んだ理由は、そんなに授業料や生活費が高くない所です。
また、折角英語を学びにいくのだから、日本人の少なそうな場所を選ぶ条件にしました。

私が選んだ英語学校は、大学付属で、それなりに規模があるところでした。
そこで私は、自分は絶対英語をものにしてみせると心に決め、真剣に英語を学びました。
勿論、授業は英語で、クラスは私以外他の国の人たちでした。

大学で英会話は少し習っていたので、躊躇することなく、会話には入っていけたのですが、今思うと簡単な英語も出来ないで、よくネイティブの人たちと会話をしていたなと懐かしく思います。

そうやって、英語とTOEFLの勉強をして、大学に入れるようなTOEFLの得点が取れるようになりました。
それから私は是非、大学に進んでもっと勉強したいと思うようになりました。
留学をしたきっかけは、私の友人です。
でも、留学をして学んだことが英語や、英会話だけではなく、大きなものだったと今は思います。

トップへ戻る