英語まみれの体験をしよう

アメリカ留学中に英語力の強化として取り組んでいた事に、
「英語で考える」というのがあります。
考え事すべてを英語でやってみる習慣です。
住んでいた部屋には
日本語の文字が入ったものは一切置かずに、
寝ても覚めても英語まみれの環境作りでした。
日本人の友達とも
なるべく親しくなり過ぎないように努めた時期もあります。

そうやって異国の地にいながらも意識的に英語力を高める
心掛けをやっている人が意外と少なかった様に思います。
ただ楽しむためだけの留学生活ではないはずです。

時間とお金も掛かります。無駄にするべき要素は
何もないという恵まれた環境にいるのなら、
すべてを吸収するアンテナを常に立てて置かなければ
勿体無いと思います。

現在留学中の方も
これから留学をしようと心待ちにしている方も、
吸収するものは多いという事実を
忘れないで欲しいと思います。

英会話ひとつをとっても、
誰とでも話せる環境が整っている事に感謝すべきです。
観光気分で楽しむ事を主体にしては
人間としても成長しにくくなります。
目的意識と吸収するエネルギーを持ち続けて、
意義ある留学生活を満喫出来れば、
素晴らしい体験として記憶に焼き付きます。

僕はアメリカしか知りませんが、
「周りに合わせる文化」ではありません。
個人のスキルアップとして、
中身のある毎日をお過ごし下さい。

Shouz 男 30歳

トップへ戻る