留学には欠かせない語学学校のお話

Group of adult students talking to each other in classroom during a break between lessons

留学と言っても様々なタイプのものがありますが、私の場合はオーストラリアのシドニーで1年間の語学留学を経て専門的な知識を学ぶカレッジへ進学しました。
留学には欠かせない語学学校について、ちょっとお話ししましょう。

■ 語学学校

やはり、進学を考えているなら、行きたい大学付属の語学学校が一番のチョイスかと思います。
私個人、大学付属の語学学校でした。
実際には、大学へ進学しませんでしたが、系列のカレッジへ進学し、手続きもスムーズに運びました。

語学学校を一言で言うと…“楽しい学校”。
一応勉強をする場所ですが、課題など多くなく、きちんとレッスン時間に勉強していれば十分です。
何が楽しいかと言うと、色んな国の学生がいるので、今までに知らなかった国や文化についてダイレクトに話しを聞けて視野が広がります。

放課後は異国のクラスメイトとお茶したり飲みに行ったりと、とても自由な時間を過ごせるでしょう。

■ ホームステイ or ルームシェア

留学をスタートしたばかりの時は断然ホームステイだと思います。
不慣れな土地では、やはりホストファミリーがいると頼りになり、安心です。
もちろん、ホストファミリーとの相性もあるので100%良いとは断言できませんが、ネイティブの方と自然に英会話ができるので生の英語を勉強できます。
また、1つの家庭に数名の外国人学生も一緒というのが多いので、友達も増え、いい刺激になる事でしょう。

ルームシェアはトラブルが多い印象を受けます。
ルームシェアは英語や留学生活にそこそこ慣れてからするのがいいかと思います。

トップへ戻る