【Rest In Peace】Avicilが残した名言と歌詞で英語学習

2018年3月に夭逝したスウェーデン出身の天才DJ、Avicil。彼は人々の心を動かす音楽を数多く制作しましたが、同時に名言も残しています。今回はAvicilが残した名言や彼の曲に書かれた心に響く歌詞で英語学習をしましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

良いメロディに良い歌詞がつくのは当然

Lyrics are important, but it's hard, because English isn't my first language - although it feels like it is these days! I grew up with amazing melodies, so getting that right on a song has always been the key thing for me, but there's no reason why a great melody doesn't deserve great lyrics
歌詞は重要だよ、でも歌詞を書くのは難しいんだ。英語は僕の母語ではないからね。まあ最近はネイティブ言語みたいになってきている気がするけど。僕は素晴らしいメロディと一緒に成長してきたんだ。だから歌に正しいメロディをつけるのは僕にとって重要なんだ。でも素晴らしいメロディに素晴らしい歌詞がつかない理由は見当たらないよ。

【単語解説】
lyric – 歌詞
first language – 第一言語
grow up with ~ – ~と一緒に成長する
amazing – 素晴らしい

there’s no reason why ~
– これはぜひ覚えておきたい頻出表現です。意味は「~する理由はない」です。使えるようになれば会話の表現の幅が広がること間違いなし。whyの後ろは主語+動詞の順番になり、whyは省略することも可能です。

There is no reason I turn down your offer.
君の申し出を断る理由はない。

There is no reasonだけでも「理由なんてないよ」と使用できます。

deserve – ~に値する
deserveもよく使われますね。後ろは動名詞か名詞が来ます。

You don’t deserve it.
君はそれに値しないよ
He doesn’t deserve your love! He is a cheater!!
彼は君の愛に値しないよ。彼は浮気もんだ

Avicilは流暢な英語を使いますが、実はスウェーデン出身。だから英語が母語ではありません。英語で歌詞を書くのは難しいそうですが、素晴らしいメロディには素晴らしい歌詞がつきもの。彼のプロフェッショナルな部分が出た名言です。それにしてもAvicilがどのように英語学習したのか気になりますよね。

人生はゲーム、賞品は?

Life's a game made for everyone, and love is the prize.
人生は皆のために作られたゲーム、そして賞品こそが愛なのさ

【単語解説】
life – 人生
prize – 賞品

深い名言ですね。人生はゲームで、その賞品は愛。生まれた瞬間から愛情を受けると考えると、誰もが人生の賞品を得ていますね。勝ち負けではなく、どれだけ深い商品を得られる、そして与えられるのかが大切なのかもしれません。

<関連広告>
★TOEIC教材/試聴サンプル無料送付中★

ヘイターは気にするな

There's always haters, no matter what you're doing - whether they're complaining that everything you do sounds the same, or it's too different.
君が何をしようと、どこにでもヘイターはいるさ。彼らは君のやっていることはいつも同じだと文句を言えば、全然違うと文句も言うんだ。

【単語解説】
hater
– 成功したり才能あったりする人々に対して、嫉妬心から悪口を言ったり、ひどい批判を行ったりする人々のことです。

no matter what~
– これもまた絶対に使えるようになりたい表現。意味は「何があっても」、「何をやっても」です。

No matter what I do, he always criticizes me.
僕が何をしても、彼はいつも批判するんだ。
I love you no matter what happens. 
何が起きても君を愛するよ。

complain – 不満を言う

世界的に有名であるAvicilならではの名言ですね。数々の素晴らしい曲を残したAvicilにもヘイターがいます。似たような曲だと言われれば、全然違う曲だとも批判される。ヘイターは何をしても批判するので、耳を傾けないのが一番ということですね。

Avicilにインスピレーションを与えたのは?

It's hard - some people get inspired by a feeling, but I'm mostly inspired by melodies.
難しいんだよ。フィーリングにインスパイアされる人々もいるけど、僕は主にメロディからインスピレーションを受けるんだ。

【単語解説】
some people
– 簡単な英語ですが、あなたはどう訳しますか?多くの方は「数名の人々」や「数人の人々」もしくは「いくつかの人々」と訳すでしょう。悪くはありませんが、もう少し良い訳もできそうです。Someは曖昧な数字を表現する単語で、5~8人、10~30人と決まっているわけではありません。そのため、「一部の人たち」や「~する人々もいる」と訳すと自然です。

feeling – 感覚

<関連広告>ゼロからの英語やり直し教室

Avicilが語る人間関係の秘訣とは?

I think I am a pretty good judge of character in general and try to surround myself with the best people I can.
僕は元来、人の性格を見抜く力に優れていると思うんだ。だから、いつも最高な人々とだけ関係を築こうとしているんだ。

【単語解説】
judge of character – 人の性格を見抜く力

「類は友を呼ぶ」とはよく言われますが、付き合う人間が私たちの性格を形成します。人間関係は人生において非常に重要な要素の一つ。Avicilはそのことを理解し、自分にとってベストな人だけと付き合うようにしていました。

まとめ

Avicilの魅力はやはり彼の作り出す音楽。名言からも英語学習できますが、ぜひAvicilの曲でも英語学習をしてみてください。最後に紹介するのは、今は亡きAvicilにピッタリの名言であり、彼の曲”Night”の一節。Avicilはまさに、この名言を実践した偉大なDJです。

One day you'll leave this world behind so live a life you will remember.
いつの日か君はこの世界を去る、だからいつまでも覚えられるように人生を生きるんだ。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る