雨に関する言葉なら英語にも結構あるんです♪

GoogleAdManager

日本語は、自然に関する言葉がとても豊かだと言われています。四季の移り変わりがはっきりしていますし、日本の人は四季の移り変わりに伴う自然の変化にとても敏感ですものね!英語に置き換えて考えても、日本語の自然ボキャブラリーは豊富ですが、雨に関する言葉の種類なら英語もなかなか負けませんよ~
今日は「雨」に関する英語に注目してみました♪

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1まずは、雨が降り出す前のシチュエーションから♪

雨が降る前の曇り空に関しても結構英語の表現はいろいろありますよ~
例えば、

It is trying to rain.

「雨が降ろうとトライしている」という言い方をよくします。何か可愛らしいですね♪

It is trying to spit.

とも言います。
曇り空に関してなら、

It is about to rain. There is a dark cloud in the sky.

このdark cloudsは、日本語と同じく「ココロの曇り空」にも使われるのですよ。
dark cloud of depression」のような言い方をします。

There are thick clouds.(厚い雲)
There are ominous dark clouds.(どんよりとした雲)

どんな雲かもボキャブラリーが増えると良いですね。

The weather looks gloomy.

gloomyは、薄気味悪い、という意味でもあり、どんよりとした天気が思い浮かびますね。

It is cloudy.以外にもこんなに種類があるんです♪

2雨が降り出したら、まずは小雨ワードから集めてみました!

雨にもいろいろな種類がありますが、まずは、小雨からご紹介します。
英語で小雨に相当する言葉は、drizzleと言います。
例えば

Is it still raining?(まだ雨降ってる?)
Just a drizzle.(ほんの小雨だよ)

のように名詞としても使えますし。

It is drizzling.(小雨が降っている)

のように動詞としても使えます。

他にも、こんな風に「小雨」を表現することができます。

It is raining lightly.
We will have light showers today.

のようにlightや lightlyを使うと小雨が表現できますね♪
Showersは「にわか雨」のことです。light showersといえばパラパラ降ったことがイメージできます。

3それではいよいよ豪雨!

筆者の住む街ケアンズは、熱帯気候にあり、1年を雨季(wet season)と乾季(dry season)と大きく二つの季節に分けられます。雨季にはたくさん雨が降るのですが、その降り方も豪快!しとしと日本の梅雨のような雨が降るというより、ざーざーどしゃぶりだと思ったら、次の日はカンカン照り、などなんとも激しい(笑)。豪雨に関するワードは、ケアンズが得意とするところです(笑)。
しかもこの記事を書きながらもケアンズは大豪雨、夫がつぶやく豪雨センテンスをまずご紹介しますね。

It’s bucketing down at the moment!

まさに「土砂降り」のこと。日本語でもバケツをひっくり返したような大雨、と言いますものね。同じです。

It is poring down!

to pourは「注ぐ」という意味で、とくとくと注ぐように雨がたくさん降る様子を表します。

同じように「土砂降り」を表す言葉として、

It’s raining cats and dogs.

は、日本の大学入試必須フレーズ(笑)にもなっていますが、実際には、話し言葉ではあまり耳にしませんね~。少し堅い感じに聞こえます。

土砂降りにあったときは、

I got soaking wet.

「びしょぬれになった~」
も覚えておくと便利ですね。

It is raining hard.
It is raining heavily. 以上にいろいろな言い方がありますね!

4ケアンズでは豪雨に見舞われるのは毎年のことなので

ケアンズでは、豪雨に見舞われると、いろいろな困りごとが起こります・・・
最近の豪雨による新聞の抜粋をいくつか見てみましょう。

North Queensland is experiencing an extreme monsoonal downpour.
(クイーンズランド州北部は極度な強い雨に見舞われています。)

downpourも土砂降りを表す単語です。It is a downpour outside.のように使えます。

Heavy rain and flooding is expected to hit Cairns tomorrow.
(ケアンズは明日強い雨と洪水に見舞われるでしょう。)

floodingも雨季になるとよく登場する言葉です。文字通り洪水の意味で使いますが、日本語の洪水ほどまで行かない「水浸し」な状態にも使えます。

We’re expecting showers and storms, mixed with heavy falls forecast, which continue into the weekend.
(強い雨と共ににわか雨や嵐が予想され、週末まで続く見込みです。)

showersは、「にわか雨」の意味で、ケアンズの雨季に欠かせない単語です(笑)。豪快ににわか雨が降って、また何事もなかったように晴れたりしますから(笑)。

The road is closed to non-local traffic.
(この道路はローカル外の車は閉鎖され通れません。)

豪雨になると決まって道路が閉鎖されてしまって、郵便物も配達が滞ります。

Already several supermarkets across Cairns are experiencing shortages of fresh produce.
(すでにケアンズのスーパーでは生鮮食品の不足に見舞われているところもあります。)

道路が閉鎖されてしまうとこんな困りごとも。毎年こういったニュースが聞かれるます。

It’s like having a cyclone, we start having supply issues up here.
 (まるでサイクロンのようだ、食糧の供給にも問題が出てきている。)

サイクロンは日本の台風のようなものなのですが、豪雨が降ってもサイクロンとは限りません。そんなときは、monsoonと呼びます。

We’re likely to have a supply issue of fresh food and perishables.
(生鮮食品の供給問題に見舞われるでしょう。)

perishablesとは、腐ってしまう食べ物のことです。肉や魚、パン、牛乳のように腐りやすいものを指します。

People need to not panic buy but stock up on those important things now. 
(パニックになって買わないようにするべきですが、大切なものは予め買っておきましょう。)

そうなんです、必ずpanic buyしてしまう方がいらっしゃるんです・・・それもまたスーパーの食品がなくなってしまう原因なのですよね・・・

2019年の雨季は過去にないほどの量の雨が降っているんだそうですが、量に差はあれど、雨季は毎年やってきます。ですから、ここに挙げたボキャブラリーやセンテンスが覚えられれば、毎年のケアンズの豪雨ニュースはよくわかると思いますよ♪
雨季だからと言ってずっと雨が降っているわけでもなく、急に夏の日差しがまぶしい日もあれば、雨の量が多いとより楽しいラフティングなどのアクティビティがあったり、豪快な滝の眺めや雨に濡れた本来の熱帯雨林の景色が見られるのもこの季節。雨の季節も思う存分お楽しみ下さい!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

トップへ戻る