ケアンズなら、1日で1年分の鳥がイロイロ見られるかも!

GoogleAdManager

オーストラリアは自然いっぱいですから、ユニークな植物やら動物やら満載です!
そして、鳥もまたヨリドリミドリ!筆者が住むオーストラリア北部の街ケアンズは、グレートバリアリーフとレインフォレストという2大世界遺産があるだけでなく、「バードウォッチングの街」としても知られています。

バードウォッチングを目的にケアンズを訪れる方もいるほど。今日は、ケアンズの鳥を通して自然豊かなオーストラリアの街を感じてみましょう♪

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1.気張らなくてもあちこちにこんな鳥あんな鳥

ケアンズは、朝、鳥のさえずりがあちこちから聞こえてきます。ケアンズの住民は、慣れてしまってそんな風に感じないのですが、日本の人とビデオ通話をすると毎回のように、「鳥の声がものすごく聞こえてるんだけど・・・」と言われます。
朝早く空を見上げると、ばっさばっさと大きな鳥がそこかしこに集まっています。
よく見ると、白いカラダで黄色いトサカのオウム(!)です!
英語ではcockatooというオーストラリアにいるオウムの中でも大型の鳥です。日本語ではキバタンというそうです。

The Sulphur-crested Cockatoo is one of Australia's most popular and iconic birds. They are very intelligent and are very good at learning to talk. They feed on berries, seeds, nuts and roots. They’re equally at home in the city and in the bush.

そうなんです!アノおしゃべりがうまいイメージそのもののオウムが街のあちこちでフツーに飛んでいるんです!不思議な光景のようで、オーストラリアではとてもよく見る当たり前の光景です。

オウムと同じくらいびっくりな、もっとカラフルな鳥もいます。英語でrainbow lorikeet、日本語でゴシキセイガイインコという名前通りレインボーカラーの鳥は、これもまたオウムの一種で、オーストラリアの東海岸沿いに広くみられる「当たり前な」鳥です。

The Rainbow Lorikeet is a colourful species of parrot. They spend most of their time in trees, eating pollen, fruit, nectar and insects. They like to live in trees, so they tend to stay in woodlands and rainforests, although they can sometimes be seen in towns or cities in areas where there are trees. Rainbow Lorikeets usually make their nests in eucalyptus trees. 

青、オレンジ、グリーン、黄色、とまさにカラフルな鳥が、スズメのようにあちこちにいるので日本から来て初めて見たらびっくりですよね(笑)。
とても繁殖しやすく育てやすいので、ペットとしても人気ですが、タスマニアや西オーストラリアなどでは害鳥ともなっています。

2.本格的に出かければケアンズは本当にバードウォッチングパラダイス♪

ケアンズでは鳥がたくさん見られるので、バードウォッチングにいらした方が、「日本では1年かかる数の鳥をケアンズでは数日滞在すれば見られるんだよ」とおっしゃっていました。
バードウォッチングにいらっしゃる方は、ケアンズの海辺でトキ(Australian White Ibis)を見ても、街中でお尻をフリフリ人懐こくついてくる、ヨコフリオウギビタキ(Willie Wagtail)を見ても喜んでくださいますが、キングフィッシャーを見られることを楽しみにしているようです。Kingfisherとはカワセミのこと。
そう、あのオーストラリアの有名なワライカワセミもkingfisherの仲間♪
筆者も時折ルリミツユビカワセミ(Azure Kingfisher)と呼ばれる青いきれいなキングフィッシャーを自宅のベランダで見かけるくらいですからね、ケアンズは本当に鳥も大好きな自然いっぱいの土地なんだと思います。ですが、本格的にキングフィッシャーを見に行かれるのなら、ケアンズ空港から1時間半ほどドライブしたところにあるジュラッテンという街に、その名も「Kingfisher Park Birdwatchers Lodge」という宿泊施設もあります!

Within a 200 kilometers radius of Cairns in Tropical Far North Queensland, there are plenty of opportunities to see various birds,and the most diverse range of habitats that Australia has to offer. The area is the richest in flora and fauna on the entire continent.
(北クイーンズランド州ケアンズの半径200キロ以内に、たくさんの鳥、そしてオーストラリアが誇る最も多様性にあふれた生態系に出会えます。ケアンズ一帯は、オーストラリア大陸全体におけるもっとも豊かな鼻や植物がみられる地域です。)

その通り!ケアンズは街のど真ん中にも鳥が集まるバードウォッチングスポットがあります。
例えば、
ケアンズの海岸通りThe Cairns Esplanade
ケアンズの植物園Cairns Flecker Botanic Gardensやその周辺
はいずれもケアンズ空港から10-15分程度の場所ですし、もう少しドライブする時間があれば、モスマン渓谷Mossman GorgeやケープトリビュレーションCape Triburationなどもバードウォッチングスポットとしても楽しいですよ♪

3.でもケアンズで見かけない鳥もいるんです

ケアンズに住んでいてカラス、見たことがありません。あんなに何でも食べてたくましい鳥がケアンズにいないの不思議な感じですよね(笑)。
ですから、筆者の家族は、日本の実家近くでカラスを見かけると「大きい鳥だね~」と大はしゃぎですよ(笑)。

そして、スズメもあまり見かけません。日本のスズメに似た感じの鳥は見かけることは見かけますが、なんだか色合いも薄めで大きさも少し大きめ、ちょっとイメージと違います。

ケアンズにカラスはいないですが、ケアンズの街中や観光地のレストランやカフェでランチを食べているとワライカワセミやオウムが残飯を狙って虎視眈々とにらんでいる、という光景もなかなか乙なものでございましょう(笑)?

そして、日本では、夕方「カーカー」とカラスが鳴くから帰りますでしょう(笑)?でもケアンズでは、カラスの代わりに、夕方「キーキー」と鳴く真っ黒な集団が見られますよ~。
それは、コウモリです。コウモリは鳥ではないけれど、真っ黒な群れが夕暮れ時飛び交う景色はまさにケアンズのカラス!
ケアンズ市内のマンゴーの木には、コウモリがみっしり留まっていますよ。
バードウォッチングついでに眺めてみてくださいね♪

バードウォッチングをする方は、朝とっても早起き♪そのほうが鳥がよく見られるんだそうですが、ケアンズの人全体が早起きですからね(笑)。朝っぱらからカフェもマーケットもオープンしていてバードウォッチングもますます張り切って出かけられますよ!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

トップへ戻る