オーストラリア、ケアンズに来たら、思い切りドライブを満喫しよう!

筆者はオーストラリア北部の街、ケアンズに住んで17年ほどになりますが、ケアンズは自然に囲まれたのんびりした場所なので、変化もとってもゆったりとして、街並みもあまり変わらないように思います。でも街で見かける車の様子は変わったように思います。
以前は、こんな車走れるの?!と思うようなオンボロ車が普通に街を走っていましたが、最近はなんだか普通の車ばかりになったものだな〜としみじみ思います。
気づかないけれど、少しずつケアンズなりに発展しているのでしょうね(笑)。
そんなケアンズの車事情も交えながら、オーストラリア滞在中の車の調達方法についてもご参考になればと思います♪

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1、車がないと生活できないのに、車が高い!

ケアンズには電車がなく、公共の乗り物は市バスなのですが、バスの便が良いとは言えず、いろいろなルートを巡っていくので、車で5分で行けるはずの街まで行くのにも30分以上かかってしまい効率的ではありません。
そのため、一家に車が1台か2台あるのが普通で、買い物や仕事に行くときも、また子供の学校の送り迎えも車が一般的です。

それなのに、車の値段は高いのです・・・そのため、中古車の売買がとても盛んで、オーストラリアでは走行距離100,000km超えていても普通に現役で走っています。
日本のように中古車屋さんで買うこともできます。
その場合、面倒な手続きも一度にやってもらえますし、買い換える元の車も買い取ってもらってその値段を差し引きした値段で車を売ってもらえるので、元の車の処分もできて便利です。
ただ、中古車屋さんではその分お値段高めになることが多いので、車の個人売買も盛んに行われています。
車を個人売買する理由は、中古車屋さんに引き取ってもらうよりも高めに売れる、ということもありますが、中にはもう使い物にならないような車を売りに出している人もいます。
それでも、オーストラリアでは、自分で車を修理したりいじれる人が多いので、あるパーツだけほしい!という人もいて、意外に使い物にならなそうな車も需要があるのです。
我が家でも、もう不調もあって、修理に出すくらいなら違う車を買った方が安いわい、と思って個人で車を売りに出したところ、すぐに買い手が見つかったのですが、運悪く、買い手の方に受け渡す前夜にその車が盗まれて、翌朝警察が見つけた時にはボコボコにぶつけられて壊されていました。
買い手の方に電話して事情を説明したところ、「それでもほしい!」とおっしゃって、ボコボコに潰れた車を自力で車に繋げて持って帰ってくれた、という思い出もあります。

<関連広告>海外旅行はH.I.S.

2、ワーキングホリデーでも車があったほうがなにかと便利!

生活するにも車は必需品ですが、ワーキングホリデーの人は、せっかく大きなオーストラリア大陸に来たのなら、車で大陸横断旅行がしたい!という方も多いものです。
そんなときも車が欠かせませんが、ワーキングホリデーの方が車を購入する場合は、高い車である必要はなく、旅行中なんとかなればよい人が多いと思うので、個人で購入される方が多いと思います。
個人で探す方法は、いくつかあり、新聞の募集欄、街の掲示板、gumtreeという売買サイトなどで常にたくさんの中古車広告が見られます。
あるいは、ケアンズでは、手書きで「FOR SALE」(販売中)のサインを貼って走っている車を街でよく見かけますので、気になる車があったら直接交渉も可能です。大抵サインに携帯番号や車のインフォが書かれています。

いくら旅の道中どうにかなればいいと言っても、車を買うときに安全のために気をつける点がいくつかあります。
オーストラリアでは、何事も州によって法律が違うので、その点も気をつけなければなりません。ケアンズのあるクイーンズランド州では、Safety Certificateを取得しないと公道を走ることができません。
Safety Certificateとは、車に不備がありませんよ〜走行に適した状態です〜と証明するものです。
車の点検をしてもらって、もし不備が見つかれば、修理をしてもらった上で発行してもらうので、個人から車を書いとる時に、サーティフィケートがないと、修理代が自分の負担で買った後にかさんでしまうかもしれませんので、注意が必要です。
ただ、大陸横断の旅の後、車を売って帰ろう!と思った時、もし車が良好な状態でない場合修理してから売ることもできますが、前述の我が家の例のようにあるパーツがほしい!という方もいるので、サーティフィケートがないことをご納得頂いた上で、買い手が見つかることもあります。
そして、Registrationという車両登録も必要です。一般的には、Rego(レジョ)と呼びます。半年か1年かごとに更新が必要で、車の登録住所に通知が来てネット上で支払い可能です。

<関連広告>JAL海外ツアーは燃油込!

3、短期旅行でも車があればケアンズはもっと楽しい!

以前は、大型バスでケアンズ各地を観光する日本人の観光客の方が多く見られましたが、最近では個人でぶらりといらっしゃる方も多く、日本人の観光の仕方も変わったものだな〜と感じます。
そんな「ぶらり旅」こそケアンズの醍醐味です!
日本では、ケアンズといえば二つ世界遺産(グレートバリアリーフと熱帯雨林)があって、熱帯雨林に行くのならキュランダ村へ、高原も行くのならその先のアサートン高原へ、と考える方が多いと思います。
ですが車があれば、ケアンズはもっと自然奥深くまで行って楽しめます!
世界遺産に指定されている熱帯雨林は「世界最古の熱帯雨林」ですから、思い切って デインツリー ケープトリビュレーション ぐらいまで行ってみるとすっかり奥深い森に癒されます。

また、ケアンズは車でほんの20分くらい街中から外れるだけでも自然いっぱいのスポットに行ける恵まれた土地です。

短期旅行でケアンズにいらしたらドライブにはレンタカーが1番お手軽です。
ケアンズの空港からケアンズの街までは車で10分ほどなので、空港からレンタカーを借りてそのままスーツケースなど荷物をのせて出かけると便利ですね♪
空港からちょこっと15分ほど運転すれば、そこはもうリゾートビーチ広がる パームコーブ ですし、ちょっと道を外れてやはり15分くらいで クリスタルカスケード という景色もきれいな渓流が手軽に楽しめますし♪

日本の方は、観光地に出かけると、名所を訪れたくなるのだそう。
でもオーストラリアの人は、どこまでも続く何もない自然の中をドライブするのが大好き!
そんなオージー気分でせっかくオーストラリアにいらしたら、大自然を満喫していただきたいものです♪

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る