死ぬ前に達成しておきたい!絶景が待ち受けるルート66のアメリカ横断!!

誰もが一度はやってみたい挑戦のなかに、「アメリカ横断」があります。
日本のなんと約25個分の面積を誇る大陸を何日もあるいは、何週間もかけて旅に出かければ、今まで見たことがない体験や景色があなたを待っていることでしょう。そのやり方は様々で、もちろん車、鉄道、自転車、バイクあるいはヒッチハイクですることもあります。
アメリカ一つの国を取り上げても、東と西ではまるで空気が異なるから、それを渡っていくさまにはドラマがあり、小説や映画などの作品にも描写されることが多いのです。

かくいう、筆者もまた学生時代の夏休みにバスで横断したことがあります。
サンフランシスコに始まり、ロスアンゼルス、ラスベガス、そして、ソルトレイクシティ、デンバー、カンザスシティ。シカゴ、ニューヨーク、ボストンへと、それぞれ見せる顔に感動を隠せないまま、過ごしたことがあります。とても一度では満足ができず、また実行したいと思っているところです。
そんな横断ですが、一般的に使われるのは『国道66号線(ルート66)』。一本の国道で、ほぼアメリカ東西を結んでいることから、アメリカ旅の代名詞ともなっています。

ルート66は全長3,775km。カリフォルニア州サンタモニカと、イリノイ州シカゴを一本で繋いでいます。跨ぐ州は8州で、その途中で様々な冒険を真に受けることになります。今回は、そんなルート66に出てくる外せないスポットを紹介していきます。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

◼︎ キャデラックランチ(テキサス)

route66_01
1950年代に活躍したキャデラックが砂漠に10台突き刺さっている奇妙な風景。
ここはアリマロの大富豪がこの土地を所有して、アーティストによって創作されたインスタレーションみたいです。通る人たちの目を奪ってしまう奇抜な色使いではありますが、これは落書き。通りかかった人たちが上から上からスプレーで落書きをしていくのです。
なので、通りかかる時には早速落書きしてみましょう。明日には残っているかは分からないのですが。

<関連広告>フレックスインターナショナル

◼︎ ペインテッド砂漠(アリゾナ)

自然にしては意図的すぎるし、人工にしてはダイナミックさに慄いてしまう。ペインテッド砂漠は、そういう捉え方で間違っていないでしょう。
遠い昔に偶然が重なり、チンル層のいろいろな色がついた土地が広がっているのです。ドライブの途中で楽しむことができるため、絶対チェック必須です。

<関連広告>スカイスキャナー

◼︎ トータムポールパーク(オクラホマ)

route66_02

世界最大のトーテムポール。そもそもトーテムポールって何でしょうか。
それはアメリカの古い歴史まで遡ります。インディアンたちが縄張り争いをしていたそんな時代に、彼らが自分の家や領地を示す目印として建てはじめたのがこの円柱の彫刻だといわれています。
こちらは、とあるアーティストによって作られたものですが、今ではピクニックなど地元の人たちにも愛されるランドマークともなっています。

<関連広告>驚きの価格!海外格安航空券 スカイチケット

◼︎ グラントパーク(イリノイ)

シカゴの前庭として愛されているグラントパーク。一面芝生で覆われたこの公園は観光客だけでなく、住んでいる人たちもランニングや散歩を楽しんでいます。
そして、目が引くのはなんといってもバッキング・ファウンテンです。ヨーロッパ伝統の建築様式で作られた美しい噴水はいつも傍をと落ちかかる人たちの心を奪っていることです。

<関連広告>直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

◼︎ ウイグアムモーテル(アリゾナ)

route66_03
やっぱりアリゾナにはインディアンの風土がまだ残っています。
それを感じさせてくれる一つに、ウイグアムモーテル。インディアン時代をなぞらえたような雰囲気を漂わせたモーテルに宿泊することができるのです。
旅そのものを実感することができる貴重な体験になりそうですね。

<関連広告>格安海外ツアーなら<DeNAトラベル>

◼︎ ジャックラビットトレーディングポスト(アリゾナ)

“HERE IT IS”のサインが印象深く、ルート66の旅には欠かせないと言われているジャックラビットトレーディングポスト。
なんてことはない、お土産屋さんなのですが。ジョセフシティからだいぶ離れた西にあります。ブランセット夫妻が開いたお店で、まだ娘さんが継ぎオープンしています。

<関連広告>『海外旅行』を『留学』に変える

◼︎ サンタモニカピアー(カリフォルニア)

route66_04
はるか東からやってきた旅を迎えてくれるのはサンタモニカの美しい夕陽なのか、それとも朝陽なのか。いずれにしても、サンタモニカは太陽がふさわしいものです。
このビーチはカリフォルニア由緒のバカンス地帯としても有名で、サーファーや観光客たちでいつも賑わっています。

いかがでしたでしょうか。
ルート66の旅、いつかは一度やってみたいものです。観光とは一味違う、冒険がきっと待っているでしょう。考えているだけで、ワクワクしてきますね。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る